夢テクの世界

経営に関するトピック性のある話題に注目し、「ほんまか?」「なんでや?」と問いかけながら、成功経営の核心に迫ります。 明確に定義されていないような経営トピックもどんどん取り上げます。

志 (6)夢大国日本

ブログネタ
経営コンサルティング に参加中!
 “夢大国日本”という考え方も、ほとんど実現の可能性はないけど、その方向へ一歩でも進んだら日本の国は良くなります。
 
 私が言っている“夢大国日本”というのは一灯照隅という志を持って、なくてはならない人になろう、なくてはならない会社にしようと具体的な夢を追い続ける人ばかりの国にしたら、日本はすごい国になるということです。みんなが万灯照国という夢を持ち、志を掲げてチャレンジしている国になったらすごいです。

 夢にはコストがかかりません。コストをかけずに日本を良くする方法です。だから、本当はすごいことです。



メルマガ登録S登録・解除はこちら>>http://www.mag2.com/m/0000149770.htm
毎週月曜まぐまぐから無料メールマガジン「夢テクの世界」を発行しています。興味ある方は、ぜひ登録ください。


夢テク研究所は、皆さんの夢を募集しています。ビジネスに関する夢ならどんなことでも結構です。夢をぜひ語り合い、実現していきましょう。
ぜひ、コメントをお寄せください。お待ちしています。
E-MAIL: ksk@luice.or.jp


  人気blogランキングに参加しています。                             ブログランキングバナー←クリックで応援お願いします。                        

志 (5)見果てぬ夢

ブログネタ
経営コンサルティング に参加中!
 大会社の社長でも現実的で、しかしなかなか達成できないような志と夢を掲げる人が最近どんどん出てきています。

 ある会社の新社長が掲げている夢と志は、100%がポイントです。100%お客様志向のできる会社に生まれ変わるというのが夢です。今は100%でもないし、本当のお客様志向ができていないということです。

 これなんかはものすごく現実的な夢であり、志だと思います。ただ100%ですからこういうものは実現できません。志です。社員一人ひとりがひとつの取り引きごとに本当のお客様志向をしていたらクレームはゼロです。もちろん、不良品も出ないし、欠品もないし、いろんなことがある意味で完璧でできていなければいけないということです。だけど、全社員が共有できるという点では素晴らしい目標です。

 他の企業の社長は、「最初から不良率何%というのはおかしい」とい考え方です。「最初から0に設定してやらないと0にはならない」と言うのです。

 これも目標というよりも志という考え方をすれば、その通りです。志は、人間が普遍の価値を認め、普遍の価値を目指して日々精進する対象です。100%や0はあり得ないのですが、それを目指すというのが志です。

そうしないと、どこかで自分の天井をつくってしまいます。つまり、見果てぬ夢にはならないのです。見果てぬ夢を持とうと思ったら、そういう志を持つことが大切です。


メルマガ登録S登録・解除はこちら>>http://www.mag2.com/m/0000149770.htm
毎週月曜まぐまぐから無料メールマガジン「夢テクの世界」を発行しています。興味ある方は、ぜひ登録ください。


夢テク研究所は、皆さんの夢を募集しています。ビジネスに関する夢ならどんなことでも結構です。夢をぜひ語り合い、実現していきましょう。
ぜひ、コメントをお寄せください。お待ちしています。
E-MAIL: ksk@luice.or.jp


  人気blogランキングに参加しています。                             ブログランキングバナー←クリックで応援お願いします。                        

志 (4)パブリックな会社

ブログネタ
経営コンサルティング に参加中!
 一般的に会社を経営している人は会社の株式上場を目的にします。上場会社にしようとする意味は、よりパブリックなものにしたいということです。ただ単に自分たちが生活の糧を稼ぐための会社ではなく、世の中になくてはならない会社にしようというのが上場会社にしようという意味です。だから、オーソドックスな目標のひとつです。

 ただ、上場するのが良いのか悪いのかという議論が出てきました。それは、投資目的で会社を売り買いすることが出てきたため、自分たちの志がお金で曲げなければいけないことが起きてくるのです。

 ワールドのように、「自分たちのファッションビジネスのあり方はこうなんだ」と、自分たちの志があるので投資家の手にかかりたくない。今、資金繰りに困っているわけではないし、必要な資金調達もできる。だから何も株式上場する必要がないという判断で、上場を廃止する企業もあります。

 上場するかしないかという問題については、パブリックな会社になっていく場合、志があるかないかがまず先です。志のある会社を確立することがまず出発点です。志を持つと自ずと夢が持てます。


メルマガ登録S登録・解除はこちら>>http://www.mag2.com/m/0000149770.htm
毎週月曜まぐまぐから無料メールマガジン「夢テクの世界」を発行しています。興味ある方は、ぜひ登録ください。


夢テク研究所は、皆さんの夢を募集しています。ビジネスに関する夢ならどんなことでも結構です。夢をぜひ語り合い、実現していきましょう。
ぜひ、コメントをお寄せください。お待ちしています。
E-MAIL: ksk@luice.or.jp


  人気blogランキングに参加しています。                             ブログランキングバナー←クリックで応援お願いします。                        

志 (3)一灯照隅

ブログネタ
経営コンサルティング に参加中!
 私は、常々大切だといっていますが、一灯照隅は、いちばん基本的な、普遍的な志だからです。

 一灯照隅の人になるというのは、根本的に否定できません。それ以外の生き方があるとは言えません。あくまでもいろんな形式や様式の話しであって、根っ子は一灯照隅の人になることが志だと思います。
 
一灯照隅の人とは、なくてはならない人になることです。すべての人がなくてはならない人になろうとする志を持って生きていれば世の中は良くならざるを得ません。

 大切にする仕方はその人流で考えたら良いと思います。基本的な志はなくてはならない人になろうということです。

 会社は社員にとってなくてはならない会社にするのは当然のことで、お客様にとっても、仕入れ先にとっても、もっと言えば業界にとって、地域社会にとってなくてはならない会社になろうという志は最も普遍的です。

 なくてはならない会社にするためにどうしようという具体的なことは、それぞれの人で考える余地は無限にあります。そこを押さえていれば、志の持ち方に悩むことはないと思います。

 若者に「親にとってなくてはならない人になろうとしていますか? なるためにはどうしたら良いですか?」という問いかけがなされていればニートは出ないと思います。ニートやフリーターの特徴的なことは自分と向き合う経験が薄弱なことです。

 自分と向き合って何かと関わることが全然ありません。人生何のために生きているのかといった時に、自分と向き合って何と関わるかがいちばんの基本です。

 事業をやっていくのだったら社会貢献という目的を持った会社にしようと思った方がやり甲斐が出ます。頑張って良い生活をするというのもひとつです。それがダメだとは言いません。だけど、そんなものは自分たちのエゴを満足させる話しですから、最終的にそんなことで人間は燃えません。

 自分を完全燃焼させるためには、本当に納得のいく目的と出会わなければいけません。「この目的のためだったら命を捧げてもいい」というような目的を掲げなければダメです。
 そんなことが一灯照隅を軸にして志を考えましょうということです。そうすると夢はいくらでも持てるし、目標だっていくらでも持てるのです。


メルマガ登録S登録・解除はこちら>>http://www.mag2.com/m/0000149770.htm
毎週月曜まぐまぐから無料メールマガジン「夢テクの世界」を発行しています。興味ある方は、ぜひ登録ください。


夢テク研究所は、皆さんの夢を募集しています。ビジネスに関する夢ならどんなことでも結構です。夢をぜひ語り合い、実現していきましょう。
ぜひ、コメントをお寄せください。お待ちしています。
E-MAIL: ksk@luice.or.jp


  人気blogランキングに参加しています。                             ブログランキングバナー←クリックで応援お願いします。                        

志 (2)親の屍を乗り越えて

ブログネタ
経営コンサルティング に参加中!
 志はいろいろあります。たまたま先日ある社長から「息子をどうしたらいいか」という相談を受けました。息子が大学を卒業するのでどういうところに就職させたらいいかという話しで、息子さんとも話しをしました。

 その息子さんに言ったのは、「あなたが今の社長みたいになりたいというのなら次の社長にはなれないよ。今の社長を追い抜くことでない限りは絶対に次の社長にはなれないよ」ということです。

 私が親父からずっと言われていたことで心に残っていることは、「親の屍を乗り越えて行け」ということです。これが遺言ぐらい重い言葉でした。若い頃は重くて重くて「とてもそんなことは背負いきれない」と思いました。

 私の父は銀行の役員になっていました。学生から就職して役員まで登りつめるのは簡単なことではないと誰でもわかっていますから、「親の屍を乗り越えて」と言われたらたいへんなことだと思いました。忘れようとするのですが、何かの時にその言葉が浮かんでくるのです。

 結局考えてみると志なのです。それが志になっていたのです。私が大きく軌道を外さずに来られたのは、そういう「親の屍を乗り越えて」ということが精神遺産だったと思います。


メルマガ登録S登録・解除はこちら>>http://www.mag2.com/m/0000149770.htm
毎週月曜まぐまぐから無料メールマガジン「夢テクの世界」を発行しています。興味ある方は、ぜひ登録ください。


夢テク研究所は、皆さんの夢を募集しています。ビジネスに関する夢ならどんなことでも結構です。夢をぜひ語り合い、実現していきましょう。
ぜひ、コメントをお寄せください。お待ちしています。
E-MAIL: ksk@luice.or.jp


  人気blogランキングに参加しています。                             ブログランキングバナー←クリックで応援お願いします。                        
メールマガジン
無料メルマガ「夢テクの世界」
(毎週月曜発行 byまぐまぐ)

メルマガ登録


登録・解除はこちら>>http://www.mag2.com/m/0000149770.htm
プロフィール

kskyumeteku

講演・経営コンサルティング
「生き残り、勝ち残る」ための

■ 企業講演会  受付中!
   詳細はこちら⇒
  
■ 経営コンサルティング 受付中!
   詳細はこちら⇒

【お申込】
TEL:06-6202-2425
E-MAIL:ksk@yumeteku.com
月例経営セミナーのお知らせ
<< 夢テク研究会 >>

★夢を持つ人誰でも参加可能★

↓研究会の様子動画(抜粋)↓


次回テーマ・日時・場所詳細⇒

【場所】
ホテル日航大阪
(大阪・心斎橋)

【日時(原則)】
毎月 第三水曜日
18:30〜21:00
※12月は実施しません。

【参加費】
一般 ¥5,000
年会員¥3,000
※年会員様は3名以上で割引有 
※セミナー当日承ります。

【お申込】
TEL:06-6202-2425
E-MAIL:ksk@yumeteku.com
  
カテゴリ別アーカイブ
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
最新コメント
平岡和矩 新著好評発売中
Amazonにて『戦略経営の基本 創造的解釈力で道を切り拓く 〜 二極化時代に勝者となる道 〜』(税込1,404円)発売中です。

2015平岡先生新著写真


40有余年の経営コンサルティング歴で培った、様々な経営視点を盛り込んでいます。 他社・他店との差別化に力を入れている中堅・中小企業の方々、是非一度お読みください。
Facebook
Twitter
Follow kskyumeteku on Twitter
カウンター
KSKイチオシのお店
KSK年会員様協力により
オープン!

雑貨のネットショップ
ドリームペドラー(楽天)
dreampedlar






  • ライブドアブログ