夢テクの世界

経営に関するトピック性のある話題に注目し、「ほんまか?」「なんでや?」と問いかけながら、成功経営の核心に迫ります。 明確に定義されていないような経営トピックもどんどん取り上げます。

夢の持ち方

夢の持ち方 (6)本気

ブログネタ
経営コンサルティング に参加中!
 例えば、「素直で謙虚が良い」と言われても、ほとんどの人は、単なる精神訓だと思います。それを単なるお説教だと思って聞いている人は志が低いからです。夢や欲望がないのです。だから、そういう聞き方になるのです。

 本当に真剣に「これをしたい!」と思っている人は、素直が成長の原動力で、ありとあらゆる人間関係において謙虚であることを失うことは人間を失うことであると、自分のこととして受けとめることができるのです。

 初めに夢がないとダメです。そうしないと単なるお説教に聞こえてしまうし、お説教はその場では「いい話を聞いた」となりますが、我が事ではありませんから実行しません。ただ単なる精神訓話と本当にそれを自分のものにしようということの違いは、夢があるかないかです。

 「一生かけてこうしたい」と言うと大袈裟のように聞こえますが、「一生かけて自分の商売をお客様と感謝を分かち合えるような商売にしよう」という夢に向かっていくやり方はいくらでもあります。

 だけどまず大切なことは、お客様に感謝される前に自分自身が自分の商売にどれだけ感謝しているかです。それしかお客様と感謝を分かち合うことをスタートできません。それも単なる精神訓として聞く人は、我が事ではないからです。

 本当に自分の商売をどんな商売にしていきたいか、「人と感動を分かち合える、夢を分かち合える、そして最終的に感謝を分かち合えるような商売にしたい」と、そうしたら自分にとって誇れるし、自信も持てるし、やり甲斐もあるし、素晴らしことになるはずです。

 だけど今すぐというわけにいきません。大切なことは、それを本気で思うか思わないかです。一生の仕事といえば難しく思うかも知れませんが、どんな商売でも、やり方によってはそういう可能性があるのです。

 だから、親から引き継いだ豆腐屋さんが上場するということも起こるのです。「しがない豆腐屋だ」とほとんどの豆腐屋さんは言っています。だけど、豆腐屋を家業として引き継いで「量販店との取り引きでは夢がない、叩かれるだけだ。こんな商売をしていてはダメだ」と自前の絹ごし豆腐をつくって上場した会社があります。

 他人事ではなくて我が事です。どんな商売でも必ず夢のある商売にできます。感動を分かち合える商売ができます。そういうことを本気で考えなければいけません。そうすれば腹が据わります。「ようし! 本気でやってみよう」と絶対になります。

 本気でやることになれば、みるみるうちにものの見え方が変わってきますからどんどん改善されます。1年もすれば全然違うという状態になります。本気はそれくらいすごい力を持っているのです。

 ただ単に夢テク研究会に来られて、夢の話しを他人事で聞いて「こういう人もいるんだ」と聞いて帰るのはもったいなさ過ぎます。自分のこととして自分の今の立場で夢に挑戦できるチャンスがあるのです。そういうことをきちんと思うことが大切です。

次回の夢テク研究会は大阪:8月19日(火)、東京:8月11日(月)
詳細はこちら ⇒


夢テク創立25周年記念キャンペーン 新規入会者募集中! 
★入会金半額31,500円⇒15,750円
★推薦者に15,000円還元
詳細・申込はこちら ⇒

メルマガ登録S登録・解除はこちら>>http://www.mag2.com/m/0000149770.htm
毎週月曜まぐまぐから無料メールマガジン「夢テクの世界」を発行しています。興味ある方は、ぜひ登録ください。


夢テク研究所は、皆さんの夢を募集しています。ビジネスに関する夢ならどんなことでも結構です。夢をぜひ語り合い、実現していきましょう。
ぜひ、コメントをお寄せください。お待ちしています。
E-MAIL: ksk@luice.or.jp


  人気blogランキングに参加しています。                             ブログランキングバナー←クリックで応援お願いします。                        

   

夢の持ち方 (5)感動力

ブログネタ
経営コンサルティング に参加中!
 専門家の意見では、事前期待と実感がイコールなのが満足で、実感の方が大きいのが感動です。より実感の方が大きいのが感激です。さらに大きくなると感謝です。だから、感謝がいちばんお客様にとって感銘深く、それ以上のものはありません。「ありがとう」と言ってもらえることが最高の商売です。

 お客様に「ありがとう」と言われるような商売をやっていくには、お客様と夢を分かち合える商売、感動を分かち合えるような商売を目指さないとダメだと思います。

 そのために、ホスピタリティという顧客接点での絶対差別化は、おもてなしです。「お客様のことを思っています。考えています」ということをどれだけお客様とのつながりの中で感じていただけるかです。

 難しく考えるといくらでも難しくなってしまうのですが、いちばんの原理、原則、根本はそこだと思います。どういう商売をすれば魅力があるかといえば、お客様にとって魅力のある商売は、やる側にとっても魅力のある商売です。商売を通して感謝しあえたらそれくらい魅力のある商売はありません。

 そうするには人が必要です。感謝のわからない人がいるようでは感謝される商売になりません。問われるのは人です。感謝が素直にできる人づくりをどうやってやるかです。

 あるいは感動力です。潜在能力の中でいちばん基本的なことは、自分にとってもまわりの人にとっても潜在的な感動力を無限に抱いています。それをどうやって引き出すかです。自分自身の感動力もそうですし、まわりの人の感動力もどうやって引き出すかが、これからの人づくりにおいていちばん大切なテーマだと思います。

 感動するという力は誰でも持っているし、感動することによって人生の値打ちが高まると思います。自分にとって人生の価値は、どれだけ感動するか感動の数で決まります。あるいは、自分の商売が価値あるものだと感じることができるかどうかは、感動の数で決まります。自分の商売を通してどれだけ感動を重ねることができるかが自分にとって価値ある商売かどうかが決まります。

 基本的には心の法則はブーメランの法則です。単なるテクニックではダメです。自分が感動もしていないのに感動させるテクニックを弄することで誤魔化すことでは絶対にダメです。それは続きません。

 自分が感動したことをお客様と分かち合う。自分が感動したことを他の人と分かち合うことしかありません。自分が好きでないのに人を好きになることができないのもすべてブーメランの法則です。人を好きになろうとしても自分が好きでない限り人を好きになることはできません。

 商売を好きでやる自分づくりが感動力を引き出す上で避けて通れません。人間は基本的に考え方で感性を訓練できます。考え方で感じ方を変えていくことができる特別な能力を与えられています。


夢テク創立25周年記念キャンペーン 新規入会者募集中! 
★入会金半額31,500円⇒15,750円
★推薦者に15,000円還元
詳細・申込はこちら ⇒

メルマガ登録S登録・解除はこちら>>http://www.mag2.com/m/0000149770.htm
毎週月曜まぐまぐから無料メールマガジン「夢テクの世界」を発行しています。興味ある方は、ぜひ登録ください。


夢テク研究所は、皆さんの夢を募集しています。ビジネスに関する夢ならどんなことでも結構です。夢をぜひ語り合い、実現していきましょう。
ぜひ、コメントをお寄せください。お待ちしています。
E-MAIL: ksk@luice.or.jp


  人気blogランキングに参加しています。                             ブログランキングバナー←クリックで応援お願いします。                        

夢の持ち方 (4)最高の商売

ブログネタ
経営コンサルティング に参加中!
 商売については、「この商売だから夢が持てない」ということは絶対にないと思います。例えば、ある弁当屋さんが業績をどんどん伸ばしています。今は年商500億円まできていますが、年商1兆円構想を持っています。

 昼食にあたる料理品小売業の2004年市場規模は5兆9300億円と過去10年で約6割伸びているそうです。それに対して外食市場の方は7年連続で縮小しています。こういうようなことがあって昼食市場は10兆円市場になると言われています。そのなかで1兆円だと1割ですから実際に不可能な数字ではありません。

 そして挑戦を始めたのは、選択消費に焦点を当てて弁当の種類を増やすことです。最終的には45種類にしてお客様に選択の喜びを味わっていただくようにするそうです。

 普通のお弁当屋さんと違うのは、単価です。普通は400円、450円というところですが、ここのお弁当の最高価格商品は790円だそうです。そういう商品も品揃えの中にあります。

 お弁当屋ということで自分で自分を規定してしまうのがいちばんダメです。「お弁当は400円か450円が精一杯」と思っていたらその範囲内での商売になっていきます。皆さんの商売はそれぞれ違うのですが、根本的には、夢が持てないことはあり得ないということです。

 天変地異の問題はどうしようもなく、日本は火山でできた列島ですからそういうことは腹に据えていなければいけませんが、天変地異以外は、景気がどうとか関係ない時代です。どれだけお客様と共にできる夢を持って、感動を分かち合えるようなビジネスをしていくかどうかです。

 つまり、私たちのビジネスモデルはどこまでもお客様と夢を分かち合い、そして感動を分かち合うようなビジネスです。


夢テク創立25周年記念キャンペーン 新規入会者募集中! 
★入会金半額31,500円⇒15,750円
★推薦者に15,000円還元
詳細・申込はこちら ⇒

メルマガ登録S登録・解除はこちら>>http://www.mag2.com/m/0000149770.htm
毎週月曜まぐまぐから無料メールマガジン「夢テクの世界」を発行しています。興味ある方は、ぜひ登録ください。


夢テク研究所は、皆さんの夢を募集しています。ビジネスに関する夢ならどんなことでも結構です。夢をぜひ語り合い、実現していきましょう。
ぜひ、コメントをお寄せください。お待ちしています。
E-MAIL: ksk@luice.or.jp


  人気blogランキングに参加しています。                             ブログランキングバナー←クリックで応援お願いします。                        



夢の持ち方 (3)ホスピタリティ

ブログネタ
経営コンサルティング に参加中!
 これまでにまだ満たされていないことはホスピタリティです。ホスピタリティは、外資系高級ホテルの専売特許のように思いますが、本当はどういう商売でもそれなりのおもてなしが必要です。

 それなりのおもてなしをする気の利いた商売をすることが大切で、本日の日経MJに国分の社長(國分勘兵衛代表取締役会長兼社長)のインタビューが掲載されていましたが、要するに「自分たちは卸売業であって心情流通だ」と言っています。

 例えばお得意先がレストランと酒屋でバッティングすることがあった場合、必ずしもレストランを切って酒屋さんと取り引きすることはしないのです。それをきちんと調整することが心情流通だそうです。

 日本の流通は、必ずしも何でも効率化や合理化ということでやっていく世界ではなく、大岡裁きをやって両方が立つように調整していくことが自分たちの役割のひとつだとおっしゃっています。

 日本の市場ですから、日本人の心をどうやったらつかめるかです。商売はいつの時代も最終的に人の心をつかんだ方が勝ちです。だからホスピタリティなのです。

 商売の原点は基本的に心をつかむことです。心をつかむ競争をしているのです。だから、大きな店と小さな店のどちらが勝つかと言われたら誰が考えても大きな店の方が勝つと思いますが、現実はそうなっていません。

 私の家内は忙しいこともあって、近所のオヤジさんがいる店で買い物をします。その店は魚も扱っているし肉も野菜も扱っている生鮮コンビニエンスです。その店だと顔見知りなので好みも知っていて「今日は、こんな魚を奥様のために仕入れてきています」と言って裏側から出してきます。これがミソです。

 それから、スイカなど切ってみないとわからない果物や野菜も、買ってもしダメでもそれなりの対応をしてくれます。大手のスーパーはそういうことまでしません。人の心が通った商売ができています。

 コミュニケーションができているかどうかの問題でいちばん大切なことは、気持ちが通っているか通っていないかです。心が通っているか通っていないかです。

 私も反省はあります。指導会社の場合は月に何度か顔を出していて、それなりのコミュニケーションがあって心も通じているから続いていますが、KSKの会員さんの中には夢テク研究会にもほとんど出てこられない方がいます。誰かのご紹介で会員さんになっていただいたのは良いけれど形だけなっていただいてコミュニケーション無しでいると必ず更新はありません。やはり、気持ちが通っていなかったらダメなのです。

 もうひとつ大切なことは、コミュニケーションは伝わったか伝わっていないかが問題です。言った、言わないということで議論されますが、それはダメです。コミュニケーションは、伝わったか伝わっていないかが問題なのです。

 お客様に対して言っても伝わっていなかったらそれは受け入れてもらっていませんから、コミュニケーションになっていません。

 これは演劇の世界では決定的なことらしいです。演劇の稽古場で怒鳴り声が出るのは「今の演技は伝わってこない」というのが怒鳴り声のほとんどだそうです。ただ台詞だけ言っても気持ちが伝わらないと怒鳴られます。

 私たちの世界でも、言った、言わないの論議は意味がありません。伝わったか伝わっていないかが問題です。

 ホスピタリティは高級ホテルのものというイメージを持ったらダメだと思います。心と心で気持ちが通うという関係をどうするかがホスピタリティです。だから、それなりのおもてなしの仕方があります。

 私の家内がお世話になっている生鮮コンビニエンスもお馴染みさんということでコミュニケーションが通う商売をしています。大手のスーパーでは全くコミュニケーションがありません。買い物に行って店の人とやりとりをする楽しみはほとんどありません。

 良いモノさえつくれば良いというのではなく、もうひとつは売り方において、自分たちに合ったホスピタリティを研究しなければいけないと思います。そして、言っていることが伝わっているかチェックすることが大切なことです。



夢テク創立25周年記念キャンペーン 新規入会者募集中! 
★入会金半額31,500円⇒15,750円
★推薦者に15,000円還元
詳細・申込はこちら ⇒

メルマガ登録S登録・解除はこちら>>http://www.mag2.com/m/0000149770.htm
毎週月曜まぐまぐから無料メールマガジン「夢テクの世界」を発行しています。興味ある方は、ぜひ登録ください。


夢テク研究所は、皆さんの夢を募集しています。ビジネスに関する夢ならどんなことでも結構です。夢をぜひ語り合い、実現していきましょう。
ぜひ、コメントをお寄せください。お待ちしています。
E-MAIL: ksk@luice.or.jp


  人気blogランキングに参加しています。                             ブログランキングバナー←クリックで応援お願いします。                        

夢の持ち方 (1)モノづくりの夢

ブログネタ
経営コンサルティング に参加中!
 何を夢として掲げたら良いか難しく考えすぎている方が圧倒的に多いです。本当はもっと簡単に考えるべきだと思います。

 世界的企業になった会社の元をたずねると基本的にはモノづくりの夢に賭けた人がいたことです。これがポイントです。ホンダでもソニーでもモノづくりの夢に賭けたという物語です。それは今も基本的に変わりません。

 トヨタのような会社になると夢は何だろうと思います。普通の常識で考えると、GMとフォードを抜いて世界一になるというような目標だと思いますが、そういう目標ではありません。
 
 以前、トヨタの社長がインタビューで語っておられることは、基本的にモノづくりの夢です。どういう車をつくりたいのかというと、1つは「乗れば乗るだけ地球環境が良くなるような車をつくりたい」ということです。

 それから「メーカーとしていちばん心が痛むのは、事故で人が死ぬことだ。だから事故で人が死ぬことが起きないような車をつくりたい」と言っています。これは実用化間近です。センサーを使って対象物をキャッチしたら自動的にブレーキがかかるような車は完成に近いです。車をどんどんロボット化するのです。

 また、「乗っているだけで健康に良い車をつくりたい」と、つまり、シートから身体に良い高周波なり何らかが出るようにすれば乗っているだけで健康になります。

 そうやって時代が求めているものを具体的につくることがいつの時代でも企業のいちばんやらなければいけないことです。逆に言うとトヨタのような1兆円も利益を出すような会社がモノづくりの夢を持っているのです。

 だから、普通の会社は、モノづくりということでどんな夢に向かって挑戦しているのかを考えていただきたいです。そういう夢のあるモノづくりをしない限りは、選択消費という枠の中にはまってきません。

 従来通りの白もの家電をいくら安く売っても売れません。従来通りのブラウン管のテレビをいくら安く売っても売れません。

 それぞれが、「ウチの業界、ウチの商品には夢がない」と最初から決めたらダメだと思います。お客様は現状不満で、どうしたら夢のモノづくりができるかという観点で仕事に取り組んでいかなければダメです。


夢テク創立25周年記念キャンペーン 新規入会者募集中! 
★入会金半額31,500円⇒15,750円
★推薦者に15,000円還元
詳細・申込はこちら ⇒

メルマガ登録S登録・解除はこちら>>http://www.mag2.com/m/0000149770.htm
毎週月曜まぐまぐから無料メールマガジン「夢テクの世界」を発行しています。興味ある方は、ぜひ登録ください。


夢テク研究所は、皆さんの夢を募集しています。ビジネスに関する夢ならどんなことでも結構です。夢をぜひ語り合い、実現していきましょう。
ぜひ、コメントをお寄せください。お待ちしています。
E-MAIL: ksk@luice.or.jp


  人気blogランキングに参加しています。                             ブログランキングバナー←クリックで応援お願いします。                        
メールマガジン
無料メルマガ「夢テクの世界」
(毎週月曜発行 byまぐまぐ)

メルマガ登録


登録・解除はこちら>>http://www.mag2.com/m/0000149770.htm
プロフィール

kskyumeteku

講演・経営コンサルティング
「生き残り、勝ち残る」ための

■ 企業講演会  受付中!
   詳細はこちら⇒
  
■ 経営コンサルティング 受付中!
   詳細はこちら⇒

【お申込】
TEL:06-6202-2425
E-MAIL:ksk@yumeteku.com
月例経営セミナーのお知らせ
<< 夢テク研究会 >>

★夢を持つ人誰でも参加可能★

↓研究会の様子動画(抜粋)↓


次回テーマ・日時・場所詳細⇒

【場所】
ホテル日航大阪
(大阪・心斎橋)

【日時(原則)】
毎月 第三水曜日
18:30〜21:00
※12月は実施しません。

【参加費】
一般 ¥5,000
年会員¥3,000
※年会員様は3名以上で割引有 
※セミナー当日承ります。

【お申込】
TEL:06-6202-2425
E-MAIL:ksk@yumeteku.com
  
カテゴリ別アーカイブ
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
最新コメント
平岡和矩 新著好評発売中
Amazonにて『戦略経営の基本 創造的解釈力で道を切り拓く 〜 二極化時代に勝者となる道 〜』(税込1,404円)発売中です。

2015平岡先生新著写真


40有余年の経営コンサルティング歴で培った、様々な経営視点を盛り込んでいます。 他社・他店との差別化に力を入れている中堅・中小企業の方々、是非一度お読みください。
Facebook
Twitter
Follow kskyumeteku on Twitter
カウンター
KSKイチオシのお店
KSK年会員様協力により
オープン!

雑貨のネットショップ
ドリームペドラー(楽天)
dreampedlar






  • ライブドアブログ