夢テクの世界

経営に関するトピック性のある話題に注目し、「ほんまか?」「なんでや?」と問いかけながら、成功経営の核心に迫ります。 明確に定義されていないような経営トピックもどんどん取り上げます。

転換期

複眼

ブログネタ
経営コンサルティング に参加中!

 ・時代変化対応力が生き残りのカギ・
 生き残る「意味」を大きくとらえることが最優先。
 
 「会社が生き残る意味はどこにあるのか?」という考え方をきちんと持つことが大切です。「意味なんか必要ない」と思ったら、これからの時代は手前勝手な商売になって、世の中と調和しません。自分の商品が具体的に役に立つという意味をしっかりとらえることが大切なことだと思います。
 
 見果てぬ夢と当面の課題解決をリンクさせ、ブレークスルーにコミットし、やり遂げるまで、絶対にあきらめない本物の夢追い人になるテクノロジーをマスターすること
 
 肝心なことは複眼です。見果てぬ夢を見ることが絶対に大切です。それと当面の課題をどうやってリンクさせるかです。

 当面の課題だけを追いかけていると、基本的に味わいのある会社になりません。味わいのあるモノづくりはできないのです。ゆとりや余裕は、「儲かるからゆとりが持てる」というのはこだわりです。あくまでも思い方です。本来、思いでゆとりは持てるのです。

 目の前のことばかりに追われて「そんな余裕はありません」という考え方自身がものすごく損をしています。本当は誰でも、世界でたったひとつのどこにもない意味を持った会社がつくれるのです。

 そう言うことを考えようとしないで目先のことだけで「余裕がありません」という考え方は、基本的に思考停止しています。常に複眼で、いわゆる大局的な価値を融合させるようにしていく努力が付加価値をつくります。それが新しい価値を生み出す原点です。


毎週月曜まぐまぐから無料メールマガジン「夢テクの世界」を発行しています。興味ある方は、ぜひ登録ください。
登録・解除はこちら>>http://www.mag2.com/m/0000149770.htm



夢テク研究所は、皆さんの夢を募集しています。ビジネスに関する夢ならどんなことでも結構です。
夢をぜひ語り合い、実現していきましょう。
ぜひ、コメントをお寄せください。お待ちしています。


  人気blogランキングに参加しています。                             ブログランキングバナー←クリックで応援お願いします。                                                                 

転換期 (12) 時流独創

ブログネタ
経営コンサルティング に参加中!
 経験のないことは、リーダー的な会社や人がいてリーダーに従っていけば上手くいったという時代がずっと続きました。そして、それがいちばん安全な生き方でした。ところが今はそういうことが基本的にはできない時代になっています。

 それぞれがオンリーワンでない限り存在が許されない時代になりました。仮にリーダー的な会社や事業があってもその通りにやって上手くいく保証はありません。あくまでも時流独創、自分の時流は自分でつくるというスタンスが持てないとダメな時代です。

 そうすると北極星が要るのです。夢はあった方が良いのではなく、無ければ時流独創ができません。そういう時代です。

 本当のオンリーワンになろうと思ったら、自分で夢を掲げ、夢に向かって行動を起こすことができない限りは、オンリーワンの頂上が見えません。夢はあった方が良いという考え方ではダメな時代です。夢は必需品です。夢がなければオンリーワンのゴールはない時代です。

 夢ということについての考え方も100年に1度の転換期にふさわしいとらえ方をきちんとしなければいけないと思います。




毎週月曜まぐまぐから無料メールマガジン「夢テクの世界」を発行しています。興味ある方は、ぜひ登録ください。
登録・解除はこちら>>http://www.mag2.com/m/0000149770.htm



夢テク研究所は、皆さんの夢を募集しています。ビジネスに関する夢ならどんなことでも結構です。
夢をぜひ語り合い、実現していきましょう。
ぜひ、コメントをお寄せください。お待ちしています。


  人気blogランキングに参加しています。                             ブログランキングバナー←クリックで応援お願いします。                                                                 

転換期 (11)

ブログネタ
経営コンサルティング に参加中!
 100年に1度の転換期を迎え、私たちは渦中の人、渦中の企業です。そういう中で変わってきたのは、端的な言い方をすれば必需品が無くなったことです。必需品は汎用的なものです。誰にとっても必要だから必需品は必ず売れると私たちは思っていますが、厳密に言うと今は必需品がなくなりました。

 例えば、100円ショップに行っても100円だから買うということはありません。何か意味があって必要なものしか買いません。安いから買うということはありません。必需品だから買うということもありません。

 ガソリンは典型的な必需品です。だけど「どこのガソリンスタンドでも良い」という給油の仕方をしている人は少ないと思います。「私はあそこで給油する」という特定のガソリンスタンドがあります。

 それは客観的にいうと必需品じゃありません。「私はあのガソリンスタンドでしか給油しない」ということですから、基本的にはこだわり需要です。

 そのように考えていくと、今はいわゆる必需品はありません。汎用品はないのです。誰でも、いつでも、どこでも、ある一定の値段なら欲しいというものはない時代です。そんな時代ですから、会話、対話がなければものは絶対に売れません。

 戦後ものがない時代はセルフサービスが日本中を席巻しました。その時代はみんな求めているものは必需品でした。安くていつものものであればどこでも良かったのです。セルフサービスで安いとなれば、それで売れていくことがありました。

 ところが、オイルショック以降は需要が一巡、二巡になってきて、オイルショック以降のニュービジネスは、対話、会話を必ず含んでいます。それなりに対話、会話がないと新しいビジネスになりませんでした。

 例えば宅急便と郵便局は、もちろんスピードが違いますが、宅急便が私たちの生活の一部になってしまったのは、セールスドライバーのちょっとしたやりとりがものすごく大きな要素だと思います。
 
 佐川急便とヤマト運輸は当初、そのことにものすごく差がありました。佐川急便は乱暴な感じでなかなか荷物を頼む気が起きなかった時代も一時ありました。

 アート引越センターは、明らかに従来の運送屋に引っ越しを頼むのとではまるで違います。その違いはやはり会話、対話です。「お客様の気持ちになった大切なものをしっかり運びますよ」という気持ちで梱包を代行し、お客様の気持ちを代弁するような運び方をきちんとやりました。

 今はもっともっと進化したと思います。そういうサービスのあり方がもう一段進化したものがこれからの時代のビジネスだと思います。

 それには、物語性が大きな要素になって、そういう物語をつくるという知的なセンスがものすごく問われています。

 お客様が仕掛けだとわかっていても「おもしろいな」と、その仕掛けに乗るような買い方をするのがこれからの時代にはどんどん増えてきます。


毎週月曜まぐまぐから無料メールマガジン「夢テクの世界」を発行しています。興味ある方は、ぜひ登録ください。
登録・解除はこちら>>http://www.mag2.com/m/0000149770.htm



夢テク研究所は、皆さんの夢を募集しています。ビジネスに関する夢ならどんなことでも結構です。
夢をぜひ語り合い、実現していきましょう。
ぜひ、コメントをお寄せください。お待ちしています。


  人気blogランキングに参加しています。                             ブログランキングバナー←クリックで応援お願いします。                                                                 

転換期 (10)意味とイメージ

ブログネタ
経営コンサルティング に参加中!
 考えるということは意味を考えるということです。意味がわからないとダメなのは、人間は意味とイメージを食べて生きている動物だからです。どんな人も意味とイメージがセットになって初めて具体的に感じることが起きるのです。意味とイメージがセットにならないと感情が起きないのです。

 腹におさまるというわかり方は、意味とイメージがセットにならないとダメなのです。そして、最初に意味がわからないとダメです。

 そのことは商売という点で言うと、同じ言葉でも全部意味が違うという時代です。例えば、「かっこいい」という言葉もみんな意味が違います。60歳代の人と40代の人、20代の人で意味の違うことが普通だと思います。

 あるいは、「かわいい」というのも言葉自体は普遍です。女性を評価するいちばんのポイントがこの言葉です。この「かわいい」という言葉も実際は意味が全然違います。あるおじさんに対して「あの人かわいい」という言い方をした時、意味を知ってなぜかわいいのかわからないと本当のところは理解できません。

 それくらい普遍的な言葉も意味やイメージが全部違うのです。これを知っていただきたいです。

 相手の立場に立つということは、相手にとっての意味をつかむことです。社長の場合、会社のために働くのは、給料をもらっているのだから当たり前だと思うかも知れませんが、働く側は違います。働くのは給料をもらっているから当たり前だとは社長ほど思っていません。社員が働く理由はもっと具体的に手近にないとダメです。何か働く意味が見つけられない限りは、社員は絶対に燃えないと思います。

 まず考えるというのは、相手の立場で意味を問い直すことが大切です。「会社は強みを生かすやり方でなければ絶対に成功しない」と一貫して申し上げています。ところが問題は、強みをどう認識するかです。強みは収益源で、強みがなければ儲かりません。大切なことはその強みがお客様にとって意味がなければいけないということです。お客様にとって意味があるから収益になるのです。

 自分の側から見た場合に意味があっても、相手にとって意味があるかどうかは別の話しです。そういうことを考えるということです。そういう考える訓練をしていないと自分でものを考えることはできません。頭が悪い人ではなく、何を考えたら良いのかわからないのと、そういう訓練をしていないのです。練習をしていないから頭が回らないのです。

 物語が本当に大切な時代で、想い出をつくってあげることがものすごく大きなことです。例えばイベントを考えた場合、大切なことはお客様にとって想い出になるような企画意図を含んでいなければ絶対に面白くないし、成功もしません。

 そうすると、何がお客様にとって想い出になるのか、お客様にとって想い出になるような意味を考えなければいけません。その場にいたから体験できた感動体験がかけがえのない価値になります。




毎週月曜まぐまぐから無料メールマガジン「夢テクの世界」を発行しています。興味ある方は、ぜひ登録ください。
登録・解除はこちら>>http://www.mag2.com/m/0000149770.htm



夢テク研究所は、皆さんの夢を募集しています。ビジネスに関する夢ならどんなことでも結構です。
夢をぜひ語り合い、実現していきましょう。
ぜひ、コメントをお寄せください。お待ちしています。


  人気blogランキングに参加しています。                             ブログランキングバナー←クリックで応援お願いします。                                                                 


転換期 (9)考える

ブログネタ
経営コンサルティング に参加中!
 時代が転換したのですから、会社も方針転換をせざるを得ません。方針転換しても中にはまったくついて来られない人がいます。方針転換について感性のない人です。

 方針転換したのに何も感じないのは、考えて仕事をやってきていなかったからです。これは致命傷です。

 最近、大前研一が『考える技術(講談社:1,600円)』という本を出版しましたが、そういう本は読む気がしないと思います。読んでもすぐに役立ちそうにないので手を付けないと思います。

 「考えて、頭を使って仕事をしなさい」という言い方は、何度かしたと思いますし、「頭を使わなければやっていけない時代だ」という話題も社内で1度や2度はあったと思います。

 しかし、実際に頭を使うというのはどういうことかを具体的に言える人はものすごく少ないです。ところが、具体的に言えないとダメな時代に入りました。頭を使っていないから、方針転換をしても頭が回らないのです。



毎週月曜まぐまぐから無料メールマガジン「夢テクの世界」を発行しています。興味ある方は、ぜひ登録ください。
登録・解除はこちら>>http://www.mag2.com/m/0000149770.htm



夢テク研究所は、皆さんの夢を募集しています。ビジネスに関する夢ならどんなことでも結構です。
夢をぜひ語り合い、実現していきましょう。
ぜひ、コメントをお寄せください。お待ちしています。


  人気blogランキングに参加しています。                             ブログランキングバナー←クリックで応援お願いします。                                                                 
メールマガジン
無料メルマガ「夢テクの世界」
(毎週月曜発行 byまぐまぐ)

メルマガ登録


登録・解除はこちら>>http://www.mag2.com/m/0000149770.htm
プロフィール

kskyumeteku

講演・経営コンサルティング
「生き残り、勝ち残る」ための

■ 企業講演会  受付中!
   詳細はこちら⇒
  
■ 経営コンサルティング 受付中!
   詳細はこちら⇒

【お申込】
TEL:06-6202-2425
E-MAIL:ksk@yumeteku.com
月例経営セミナーのお知らせ
<< 夢テク研究会 >>

★夢を持つ人誰でも参加可能★

↓研究会の様子動画(抜粋)↓


次回テーマ・日時・場所詳細⇒

【場所】
ホテル日航大阪
(大阪・心斎橋)

【日時(原則)】
毎月 第三水曜日
18:30〜21:00
※12月は実施しません。

【参加費】
一般 ¥5,000
年会員¥3,000
※年会員様は3名以上で割引有 
※セミナー当日承ります。

【お申込】
TEL:06-6202-2425
E-MAIL:ksk@yumeteku.com
  
カテゴリ別アーカイブ
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
最新コメント
平岡和矩 新著好評発売中
Amazonにて『戦略経営の基本 創造的解釈力で道を切り拓く 〜 二極化時代に勝者となる道 〜』(税込1,404円)発売中です。

2015平岡先生新著写真


40有余年の経営コンサルティング歴で培った、様々な経営視点を盛り込んでいます。 他社・他店との差別化に力を入れている中堅・中小企業の方々、是非一度お読みください。
Facebook
Twitter
Follow kskyumeteku on Twitter
カウンター
KSKイチオシのお店
KSK年会員様協力により
オープン!

雑貨のネットショップ
ドリームペドラー(楽天)
dreampedlar






  • ライブドアブログ