夢テクの世界

経営に関するトピック性のある話題に注目し、「ほんまか?」「なんでや?」と問いかけながら、成功経営の核心に迫ります。 明確に定義されていないような経営トピックもどんどん取り上げます。

本気、その気、やる気

本気、その気、やる気 (8)存在感

ブログネタ
経営コンサルティング に参加中!
 これからは存在感の時代です。存在感こそが付加価値です。存在感は同じことをやっても受けとめる側は違うのです。

 単純なことを言えば、「社長は話しを聞いてくれない」と言いますが、聞く人は決まっているのです。聞いてくれないのは「おまえの話しは聞いても仕方がない」と思われているからです。そういうことがわかっていないとダメです。

 もちろん、そのこと自体に問題はあります。社長が聞く人を選んで「彼のことは耳を貸すけれど、それ以外は耳を貸しても無駄だ」と先入観でそうなっているのは大問題です。だけど、現実に時間を効率的に使うという考え方からすると、そうなってしまうのです。誰の話しも平等に聞くことはできません。つまり、存在感のある人かない人かがものすごく重要です。

 立場を置き換えて考えることのできない人が世の中にはいっぱいいます。銀行との話しでも自分が銀行側で、お金を貸す側だったら今の自分の決算書にお金を貸すかということです。こういうことがわからないのはおかしいです。

 程度の悪い人は「生活費がかかる。だから給料あげて欲しい」と言います。それはいかにももっともらしいのですが何の合理性もありません。生活費が上がったから給料を上げてくれというのは何の正当性もありません。
 
あなたが稼いだ分だけきちんと返ってきていないのなら「私は今の給料以上の稼ぎをしているはずだ」と文句が言えるかも知れません。もちろん、これも錯覚があります。売り上げと自分の給料を比べているのはよくある話しです。会社は営業部隊以外にも間接部隊があって営業マンは営業に専念できるのです。自分をサポートしてくれる人がいなければ営業に専念できません。発注から在庫管理、出荷まで自分が全部やるとものすごく効率が悪いです。営業は営業業務に専念できるような仕組みにしていかないとダメです。

 相手の立場でものを考える時に大切なことは、存在感なら存在感という問題をきちんと当たり前のように考えることができる人にならなければいけません。



毎週月曜まぐまぐから無料メールマガジン「夢テクの世界」を発行しています。興味ある方は、ぜひ登録ください。
登録・解除はこちら>>http://www.mag2.com/m/0000149770.htm



夢テク研究所は、皆さんの夢を募集しています。ビジネスに関する夢ならどんなことでも結構です。
夢をぜひ語り合い、実現していきましょう。
ぜひ、コメントをお寄せください。お待ちしています。


  人気blogランキングに参加しています。                             ブログランキングバナー←クリックで応援お願いします。                                                                 

経営コンサルティング - livedoor Blog 共通テーマ

本気、その気、やる気 (7)プレミアムメーカー

ブログネタ
経営コンサルティング に参加中!
 ブランドメーカーでも、プレミアムメーカーという言い方があって、BMWがプレミアムメーカーの最右翼です。ベンツも基本的にプレミアムメーカーですが、BMWからするとちょっと落ちます。

 BMWの車は、同じクラスだったら基本的にはトヨタ車やホンダ車、日産車の方が機能や性能は上です。だけど、プレミアムというのは違うのです。お客様のハートに響く重さが違うのです。心ではかる価値が違うのです。

 テレビコマーシャルを見ていただけばわかりますが、今訴えていることは、車以上の価値になってしまったということです。車はある人にとっては生活の一部だし、ある人にとってはかけがえのない思い出だし、ある人にとっては命よりも大切な価値のあるもの、ある人にとっては自分ということのすべてを代弁するものだというのです。つまり、車ということを超えた価値を訴えています。

 ライフスタイルマーケティングという言い方があるのですが、そういうかつての考え方の枠は越えています。ハーレーダビッドソンでもそうですが、同じクラスのバイクなら性能や機能は絶対にホンダやヤマハの方が上です。だけどハーレーダビッドソンを支持するお客様の心の重さです。値段は高いです。性能と機能の2割から3割は高いです。それでもハーレーダビッドソンです。ハーレーダビッドソンはある意味で新しいマーケティングを確立した先駆者です。

 遊び方をどう開発するかでものすごいメニューを持っています。「バイクを買ってこう楽しみましょう」という遊び方のメニューをものすごくつくっています。そして、いろんなイベントをするのです。遊び方のメニューをバイクを買った人が楽しめるというプログラムをつくっています。

 難しい話しだと思いますが、心ではかる心の価値をものすごく考えていかなければいけません。心の琴線に触れるモノづくりやサービスをやろうとしないとこれからの時代には通用しません。


毎週月曜まぐまぐから無料メールマガジン「夢テクの世界」を発行しています。興味ある方は、ぜひ登録ください。
登録・解除はこちら>>http://www.mag2.com/m/0000149770.htm



夢テク研究所は、皆さんの夢を募集しています。ビジネスに関する夢ならどんなことでも結構です。
夢をぜひ語り合い、実現していきましょう。
ぜひ、コメントをお寄せください。お待ちしています。


  人気blogランキングに参加しています。                             ブログランキングバナー←クリックで応援お願いします。                                                                 


経営コンサルティング - livedoor Blog 共通テーマ

本気、その気、やる気 (7)プレミアムメーカー

ブログネタ
経営コンサルティング に参加中!
 ブランドメーカーでも、プレミアムメーカーという言い方があって、BMWがプレミアムメーカーの最右翼です。ベンツも基本的にプレミアムメーカーですが、BMWからするとちょっと落ちます。

 BMWの車は、同じクラスだったら基本的にはトヨタ車やホンダ車、日産車の方が機能や性能は上です。だけど、プレミアムというのは違うのです。お客様のハートに響く重さが違うのです。心ではかる価値が違うのです。

 テレビコマーシャルを見ていただけばわかりますが、今訴えていることは、車以上の価値になってしまったということです。車はある人にとっては生活の一部だし、ある人にとってはかけがえのない思い出だし、ある人にとっては命よりも大切な価値のあるもの、ある人にとっては自分ということのすべてを代弁するものだというのです。つまり、車ということを超えた価値を訴えています。

 ライフスタイルマーケティングという言い方があるのですが、そういうかつての考え方の枠は越えています。ハーレーダビッドソンでもそうですが、同じクラスのバイクなら性能や機能は絶対にホンダやヤマハの方が上です。だけどハーレーダビッドソンを支持するお客様の心の重さです。値段は高いです。性能と機能の2割から3割は高いです。それでもハーレーダビッドソンです。ハーレーダビッドソンはある意味で新しいマーケティングを確立した先駆者です。

 遊び方をどう開発するかでものすごいメニューを持っています。「バイクを買ってこう楽しみましょう」という遊び方のメニューをものすごくつくっています。そして、いろんなイベントをするのです。遊び方のメニューをバイクを買った人が楽しめるというプログラムをつくっています。

 難しい話しだと思いますが、心ではかる心の価値をものすごく考えていかなければいけません。心の琴線に触れるモノづくりやサービスをやろうとしないとこれからの時代には通用しません。


毎週月曜まぐまぐから無料メールマガジン「夢テクの世界」を発行しています。興味ある方は、ぜひ登録ください。
登録・解除はこちら>>http://www.mag2.com/m/0000149770.htm



夢テク研究所は、皆さんの夢を募集しています。ビジネスに関する夢ならどんなことでも結構です。
夢をぜひ語り合い、実現していきましょう。
ぜひ、コメントをお寄せください。お待ちしています。


  人気blogランキングに参加しています。                             ブログランキングバナー←クリックで応援お願いします。                                                                 


経営コンサルティング - livedoor Blog 共通テーマ

本気、その気、やる気 (7)プレミアムメーカー

ブログネタ
経営コンサルティング に参加中!
 ブランドメーカーでも、プレミアムメーカーという言い方があって、BMWがプレミアムメーカーの最右翼です。ベンツも基本的にプレミアムメーカーですが、BMWからするとちょっと落ちます。

 BMWの車は、同じクラスだったら基本的にはトヨタ車やホンダ車、日産車の方が機能や性能は上です。だけど、プレミアムというのは違うのです。お客様のハートに響く重さが違うのです。心ではかる価値が違うのです。

 テレビコマーシャルを見ていただけばわかりますが、今訴えていることは、車以上の価値になってしまったということです。車はある人にとっては生活の一部だし、ある人にとってはかけがえのない思い出だし、ある人にとっては命よりも大切な価値のあるもの、ある人にとっては自分ということのすべてを代弁するものだというのです。つまり、車ということを超えた価値を訴えています。

 ライフスタイルマーケティングという言い方があるのですが、そういうかつての考え方の枠は越えています。ハーレーダビッドソンでもそうですが、同じクラスのバイクなら性能や機能は絶対にホンダやヤマハの方が上です。だけどハーレーダビッドソンを支持するお客様の心の重さです。値段は高いです。性能と機能の2割から3割は高いです。それでもハーレーダビッドソンです。ハーレーダビッドソンはある意味で新しいマーケティングを確立した先駆者です。

 遊び方をどう開発するかでものすごいメニューを持っています。「バイクを買ってこう楽しみましょう」という遊び方のメニューをものすごくつくっています。そして、いろんなイベントをするのです。遊び方のメニューをバイクを買った人が楽しめるというプログラムをつくっています。

 難しい話しだと思いますが、心ではかる心の価値をものすごく考えていかなければいけません。心の琴線に触れるモノづくりやサービスをやろうとしないとこれからの時代には通用しません。


毎週月曜まぐまぐから無料メールマガジン「夢テクの世界」を発行しています。興味ある方は、ぜひ登録ください。
登録・解除はこちら>>http://www.mag2.com/m/0000149770.htm



夢テク研究所は、皆さんの夢を募集しています。ビジネスに関する夢ならどんなことでも結構です。
夢をぜひ語り合い、実現していきましょう。
ぜひ、コメントをお寄せください。お待ちしています。


  人気blogランキングに参加しています。                             ブログランキングバナー←クリックで応援お願いします。                                                                 


経営コンサルティング - livedoor Blog 共通テーマ

本気、その気、やる気 (6)ソフトサービス

ブログネタ
経営コンサルティング に参加中!
 当事者ということになると何とか現状を打破しようと頑張るのですが、頑張り方の視野があまりにも狭いのです。

 サービスレベルを考えた時、日本の事業は全産業が根本的にソフトサービス業です。どの企業も根本的な本質はソフトサービス業です。サービス価値がお客様にとって魅力がなければハードウェアは流れていかない時代です。

 そうすると難しいのは、自分達が提案するソフトサービスがものすごく魅力があると思っても、他の業界で同じようなサービスをしていたら勝てるとは限りません。お客様は賢いですから、自分にとっていちばん良いものしか買いません。お客様のお金には限りがあるから優先順位があって、液晶テレビを買おうということになれば、そこにお金を集中させ、他のものはカットします。

 肝心なことは、家計のシェアです。お客様の家計のシェアがどんどん変化するのです。ソフトサービス業として家計のシェアにどうやって魅力のある提案をしていくかが大切です。

 だから、“はじめにモノありき”ではなく、“はじめにソフトサービスありき”なのです。ソフトサービスということの意図、狙いが的確でないと基本的に提案力はこちらの手前勝手になります。ハードウェアの性能や機能から入っていってもお客様の琴線には触れません。


毎週月曜まぐまぐから無料メールマガジン「夢テクの世界」を発行しています。興味ある方は、ぜひ登録ください。
登録・解除はこちら>>http://www.mag2.com/m/0000149770.htm



夢テク研究所は、皆さんの夢を募集しています。ビジネスに関する夢ならどんなことでも結構です。
夢をぜひ語り合い、実現していきましょう。
ぜひ、コメントをお寄せください。お待ちしています。


  人気blogランキングに参加しています。                             ブログランキングバナー←クリックで応援お願いします。                                                                 



経営コンサルティング - livedoor Blog 共通テーマ
メールマガジン
無料メルマガ「夢テクの世界」
(毎週月曜発行 byまぐまぐ)

メルマガ登録


登録・解除はこちら>>http://www.mag2.com/m/0000149770.htm
プロフィール

kskyumeteku

講演・経営コンサルティング
「生き残り、勝ち残る」ための

■ 企業講演会  受付中!
   詳細はこちら⇒
  
■ 経営コンサルティング 受付中!
   詳細はこちら⇒

【お申込】
TEL:06-6202-2425
E-MAIL:ksk@yumeteku.com
月例経営セミナーのお知らせ
<< 夢テク研究会 >>

★夢を持つ人誰でも参加可能★

↓研究会の様子動画(抜粋)↓


次回テーマ・日時・場所詳細⇒

【場所】
ホテル日航大阪
(大阪・心斎橋)

【日時(原則)】
毎月 第三水曜日
18:30〜21:00
※12月は実施しません。

【参加費】
一般 ¥5,000
年会員¥3,000
※年会員様は3名以上で割引有 
※セミナー当日承ります。

【お申込】
TEL:06-6202-2425
E-MAIL:ksk@yumeteku.com
  
カテゴリ別アーカイブ
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
最新コメント
平岡和矩 新著好評発売中
Amazonにて『戦略経営の基本 創造的解釈力で道を切り拓く 〜 二極化時代に勝者となる道 〜』(税込1,404円)発売中です。

2015平岡先生新著写真


40有余年の経営コンサルティング歴で培った、様々な経営視点を盛り込んでいます。 他社・他店との差別化に力を入れている中堅・中小企業の方々、是非一度お読みください。
Facebook
Twitter
Follow kskyumeteku on Twitter
カウンター
KSKイチオシのお店
KSK年会員様協力により
オープン!

雑貨のネットショップ
ドリームペドラー(楽天)
dreampedlar






  • ライブドアブログ