夢テクの世界

経営に関するトピック性のある話題に注目し、「ほんまか?」「なんでや?」と問いかけながら、成功経営の核心に迫ります。 明確に定義されていないような経営トピックもどんどん取り上げます。

理性能力

理性能力 (5)理と気

ブログネタ
経営コンサルティング に参加中!
 東アジアの伝統において人間関係の基本は<理>と<気>であると私は考えている。これは儒教の概念であるが、要するに<理>とは原理・論理・道徳性であり、<気>は情念・感性・感覚・身体性・物質性である。小学生にも分かるようにこれを説明すれば、<理>は理屈の理、<気>は気持ちの気、ということになる。身体性や物質性が「気持ち」でもあるというのは<気>という物質性が人間の身体を成し、人間の情感はこの身体性に由来する、という儒教の教えによる。
 
さて、あらゆる存在はこの<理>と<気>から成り立っており、人間もまた同じである。人間関係や社会生活、政治や経済もすべてこの<理>と<気>から成り立っている。

 原理原則で固めた世界と感性や感情が前面に出た世界。この二つを駆使して人間関係を構築する。これは東アジアに限ったことではなく、外交の現場では古典的なやり方であろう。
 
 ある哲学者は、「感性は気であり、エネルギーである」と言っています。だから、
気と言ってもエネルギーと言っても基本的に一緒です。

 理と気ということを軸に人間関係を洞察、観察することは儒教という東洋思想の古典的な世界でも基本的なことです。

 先ほどからずっと一貫して言わせてもらっている、「なぜこれからは個別面接なのか?」は、結局人の気持ちを扱わなければいけないからです。しかし、今までのビジネスマンは、人間尊重という言葉は知っていても、何を尊重するのかについて具体的なイメージがありません。

 部下の気持ちを大事にすることが人間尊重です。上司の気持ちを大事にすることが人間尊重なのです。そういうことの気配りをできないのが当たり前の時代になっています。ビジネスマンには、そういう気配りのできない人が多すぎます。

 例えば、トップが2時間ぐらいかけて来期の方針や当社の理念を一生懸命熱心に喋っても、それを受ける受け方に思いやりがないというか、乏しいです。相手の気持ちをくみ取って「そういう思いですか。それなら私はこうしましょう」という気配りができる社員が本当にいません。

 それは、頭が悪いと思っています。その頭の悪さは理性的な頭の悪さではありません。相手の気持ちをくみ取るというEQ指数的、つまり心の知能指数の問題です。そういうことが会社の中で問題になっていません。

 会社が経営方針や経営理念を徹底することによって他と違う世界を生み出すことが、いちばん差別化の原点だと思っています。あえて競争を避ける知恵がこれからの時代は必要ですから、他に比べることのできない世界をつくることが肝心なことです。

 そうした時に、相手の気持ちをくみ取るという気の利かせ方ができないのは根本的な問題です。だから、お客様のところへ行って本当にお客様の声を聞いているかと言えば、聞いていない人が多いと思います。

 言葉を聞くのではなく、気持ちを聴くことができていません。本当の意味でお客様の琴線にふれるような提案ができないのは、気持ちをくみ取っていないからです。気持ちをきちんとくみ取って「こうですね」という提案ができたら、心の琴線にふれるはずです。

 そういう意味で、頭の良い悪いの基準をぜひ今日から切り替えていただきたいと思います。本当の頭の良さは、気配りができる頭の良さです。

 「あの人は気配りの行き届いている」という人が中にはいます。その人は頭を使っているのです。頭を使わなかったら気配りはできません。

 頭の良さの基準は、IQ指数ではなくEQ指数です。さらに、NQ指数ですというような話しをきちんとしたいし、自分自身もそういう心がけをしたいと思います。本当の意味で頭の良い人間になろうと思わなければいけません。

 そして、そういう観点から言えば、潜在的可能力はいくらでも会社にはあります。「お客様にもっと感じの良い会社・お店になろう」という観点だけを改善ポイントにしたらいくらでも改善ポイントはあります。



毎週月曜まぐまぐから無料メールマガジン「夢テクの世界」を発行しています。興味ある方は、ぜひ登録ください。
登録・解除はこちら>>http://www.mag2.com/m/0000149770.htm



夢テク研究所は、皆さんの夢を募集しています。ビジネスに関する夢ならどんなことでも結構です。
夢をぜひ語り合い、実現していきましょう。
ぜひ、コメントをお寄せください。お待ちしています。


  人気blogランキングに参加しています。                             ブログランキングバナー←クリックで応援お願いします。                                                                 

理性能力 (4)一貫

ブログネタ
経営コンサルティング に参加中!
 先入観や固定観念は理性がつくり出すものです。つまり、理解したことをパターン化することが先入観や固定観念です。

 これは、否が応でも歳をとればとるほどいっぱいパターンを持っています。だから、若い人の方が自己変革しやすいのは事実です。

 ただ、それを鵜呑みにしたらダメだと思います。なぜなら、短絡する方法があるからです。いちばんは直感を大切にする生き方です。

 直感したことを最終的に仮説を立てて検証するやり方をすれば、いわゆる先入観にとらわれないで具体的な行動を起こせます。そういうことによってしか新しい道をつくり出すことはできません。

 私たちが過去を振り返ってしまったら過去のパターンでものを考えます。だけど直感は、結論だけをポンと出します。その直感を検証して仮説を立てて行動するというやり方が大切です。

 自分の信念を一貫させることは難しいことです。一度自分がこうだと決めたことを何十年と一貫させるのはものすごく難しいです。それができるのは、自分の直感や実感を大切にすることがポイントです。

 周りの人から「ある人は20年来変わらないね」言われることがあるそうですが、基軸がぶれていないのです。基軸をぶらさないということはたいへんなことです。みなさんも何か自分の自信や信念を持とうと思ったら基軸をぶらさないような生き方を学ぶことが大切だと思います。




毎週月曜まぐまぐから無料メールマガジン「夢テクの世界」を発行しています。興味ある方は、ぜひ登録ください。
登録・解除はこちら>>http://www.mag2.com/m/0000149770.htm



夢テク研究所は、皆さんの夢を募集しています。ビジネスに関する夢ならどんなことでも結構です。
夢をぜひ語り合い、実現していきましょう。
ぜひ、コメントをお寄せください。お待ちしています。


  人気blogランキングに参加しています。                             ブログランキングバナー←クリックで応援お願いします。                                                                 

理性能力 (3)心を養う

ブログネタ
経営コンサルティング に参加中!
 理性は考える力でものすごく大切です。だけども、大切なことは感性、つまり心で頭は使うものだということです。考えるのは、心を持たないとたいへんなことに使われてしまいます。

 計画を立てる能力、目標を設定する能力は、理性能力です。だけども、そのこと自身が正しいということではないのです。「動機善なりや、私心なかりしか」という言葉があって、結局のところ、心が頭を使わないと、動機が不純だと不純な計画のために頭が使われるのです。

 凶悪犯罪はすべて頭があるからです。人間が計画できるからです。計画できるからものすごい凶悪犯罪が起こるのです。つまりその人たちには心が足りないのです。

 皆さんは心が生まれながらに備わっていると考えるからダメなのです。心は、基本的に養い、育てていくものです。思いやりを持って生まれてくる人はいません。

 思いやりは生まれつき備わっているものではないと知らなければいけません。そういう心を備えない人が肉体的に成長して子どもを産むと母親が子供を殺す事件を起こすのです。

 心、つまり感性はものの見方、考え方で養われたものです。どういうあり方が人間らしいのかというものの見方、考え方を訓練し、鍛錬することで心が養われるのです。

 今の時代は、頭ばかり発達させて心が伴っていないところに病理現象があります。自分たちの現場でいちばん悩まなければいけないのは、実行力です。知っていることをやっていないのです。わかっていることができていないのです。

 それは、社員ばかりでなく自分もそうです。わかっていることができていたら、みんなもっとすごい人間になっています。

 いちばんやらなければいけないことは、どんな小さなことでも良いですから、決めたことをやり切るという習慣を身に付ける挑戦です。いったん決めたら必ずやり通すのです。どんな小さなことで良いのです。毎日10分間でも良いのです。例えば本を読むとか、決めたら必ずやるのです。そうすると、自分が強くなった気になりますから、その自信はものすごく大きいです。

 理性能力の問題について大切なことは、「頭が悪いからダメなんです」という言い方は根本的に間違っているということです。頭が良い、悪いは理性能力のことを言っていますが、理性能力で解決できる問題は半分です。あとの半分、特に人間関係の問題は、いわゆるEQ指数の問題です。つまり、心の知性の問題です。相手を思いやる、相手の身になって考える能力です。

 だから、合理的に「こうしたらソロバンが合うよ」という話しとは違うのです。あくまでも相手のことを思いやって「どうしたら良いか?」ということです。そういうスタンスでなければ人間関係の問題は解決しません。



毎週月曜まぐまぐから無料メールマガジン「夢テクの世界」を発行しています。興味ある方は、ぜひ登録ください。
登録・解除はこちら>>http://www.mag2.com/m/0000149770.htm



夢テク研究所は、皆さんの夢を募集しています。ビジネスに関する夢ならどんなことでも結構です。
夢をぜひ語り合い、実現していきましょう。
ぜひ、コメントをお寄せください。お待ちしています。


  人気blogランキングに参加しています。                             ブログランキングバナー←クリックで応援お願いします。                                                                 

理性能力 (2)利他行

ブログネタ
経営コンサルティング に参加中!
 これからの時代に本当の人間をつくっていこうと思ったら、倫理が大切だと思っています。だけど、本当の意味で倫理的に行動できる人は滅多にいません。苦しんで苦しんで、このままだったら生きる術がないというような時に「貴方の生き方は間違っていましたよ。本当に生きるというのは、基本的には利他行を実践することですよ。貴方が生きにくいと思っているのは、利他行の視点で行動していないからです」と言うのは、本当に行き詰まった人にとっては“目から鱗”です。

 全部ふさがって本当に「儲けよう、儲けよう、どうやって儲けよう」と、一生懸命になって最終的に「儲けたいから儲けさせて」と言って儲かるわけがありません。ビジネスというのはすべて利他行なのです。「貴方はこうしたら得になるよ。こうしたらもっと便利になるよ。もっと楽になるよ。もっとスピーディーにやれるよ」とすべて利他行なのです。

 利他行を上手にやることが儲けるということです。だけど、普通の状態だとお説教にしか聞こえません。人間はそういうものです。自分が本当に行き詰まらなければ倫理には耳が塞がっています。

 ある会社では、「親切行為が先で商行為は後だ」ということを素直に実践している人が結果を出しています。こんなことは当たり前です。成績を上げたいために「売り上げを上げさせて」と言っても絶対に無理です。人を動かすことはできません。

 人間は、自我から逃れられません。だから、自我を利他行のために使うという考え方を持つことです。つまり、“小我を捨てて大我に生きる”というのは、大義をつかんだら大義のために自分のエゴを上手く使うことです。

 エゴは考えが貧しいのです。「俺が俺が」という世界の中でしかものを見ないのです。そういう我では行き詰まって当たり前です。世界はその人のためにあるわけではないのですから、他の人のための世界ということを視野に入れて利他行をやることが己の自我を満足させる方法だと考えることが、賢いことです。そういうことを大我と言います。

 人間は生まれてから「俺が、俺が」という世界を生き、自分で鉄のカーテンを引いているのです。そうではなく、もっと自分を解放して自由になろうと思って他の人を入れる自分、つまり利他行という方向で自分を見直したら、鉄のカーテンがなくなって自分の世界が広がるのです。そういう自分の世界を大きく開くことが、感性を生かすことです。

 潜在的可能力を活かそうと思ったらいくらでもあります。「俺が」という視点で見るから見えないのです。

 利他行を第一にしたら、「当たり前のことを当たり前に」という意味も全然違ってくるのです。ただ単に「当たり前のことを当たり前に」というのは、エゴ的に考えたらなかなか気がつきません。つまり、お客様にとって嬉しいことをやるということが出発点です。




毎週月曜まぐまぐから無料メールマガジン「夢テクの世界」を発行しています。興味ある方は、ぜひ登録ください。
登録・解除はこちら>>http://www.mag2.com/m/0000149770.htm



夢テク研究所は、皆さんの夢を募集しています。ビジネスに関する夢ならどんなことでも結構です。
夢をぜひ語り合い、実現していきましょう。
ぜひ、コメントをお寄せください。お待ちしています。


  人気blogランキングに参加しています。                             ブログランキングバナー←クリックで応援お願いします。                                                                 

理性能力 (2)利他行

ブログネタ
経営コンサルティング に参加中!
 これからの時代に本当の人間をつくっていこうと思ったら、倫理が大切だと思っています。だけど、本当の意味で倫理的に行動できる人は滅多にいません。苦しんで苦しんで、このままだったら生きる術がないというような時に「貴方の生き方は間違っていましたよ。本当に生きるというのは、基本的には利他行を実践することですよ。貴方が生きにくいと思っているのは、利他行の視点で行動していないからです」と言うのは、本当に行き詰まった人にとっては“目から鱗”です。

 全部ふさがって本当に「儲けよう、儲けよう、どうやって儲けよう」と、一生懸命になって最終的に「儲けたいから儲けさせて」と言って儲かるわけがありません。ビジネスというのはすべて利他行なのです。「貴方はこうしたら得になるよ。こうしたらもっと便利になるよ。もっと楽になるよ。もっとスピーディーにやれるよ」とすべて利他行なのです。

 利他行を上手にやることが儲けるということです。だけど、普通の状態だとお説教にしか聞こえません。人間はそういうものです。自分が本当に行き詰まらなければ倫理には耳が塞がっています。

 オートウェーブでは、「親切行為が先で商行為は後だ」ということを素直に実践している人が結果を出しています。こんなことは当たり前です。成績を上げたいために「売り上げを上げさせて」と言っても絶対に無理です。人を動かすことはできません。

 人間は、自我から逃れられません。だから、自我を利他行のために使うという考え方を持つことです。つまり、“小我を捨てて大我に生きる”というのは、大義をつかんだら大義のために自分のエゴを上手く使うことです。

 エゴは考えが貧しいのです。「俺が俺が」という世界の中でしかものを見ないのです。そういう我では行き詰まって当たり前です。世界はその人のためにあるわけではないのですから、他の人のための世界ということを視野に入れて利他行をやることが己の自我を満足させる方法だと考えることが、賢いことです。そういうことを大我と言います。

 人間は生まれてから「俺が、俺が」という世界を生き、自分で鉄のカーテンを引いているのです。そうではなく、もっと自分を解放して自由になろうと思って他の人を入れる自分、つまり利他行という方向で自分を見直したら、鉄のカーテンがなくなって自分の世界が広がるのです。そういう自分の世界を大きく開くことが、感性を生かすことです。

 潜在的可能力を活かそうと思ったらいくらでもあります。「俺が」という視点で見るから見えないのです。

 利他行を第一にしたら、「当たり前のことを当たり前に」という意味も全然違ってくるのです。ただ単に「当たり前のことを当たり前に」というのは、エゴ的に考えたらなかなか気がつきません。つまり、お客様にとって嬉しいことをやるということが出発点です。



毎週月曜まぐまぐから無料メールマガジン「夢テクの世界」を発行しています。興味ある方は、ぜひ登録ください。
登録・解除はこちら>>http://www.mag2.com/m/0000149770.htm



夢テク研究所は、皆さんの夢を募集しています。ビジネスに関する夢ならどんなことでも結構です。
夢をぜひ語り合い、実現していきましょう。
ぜひ、コメントをお寄せください。お待ちしています。


  人気blogランキングに参加しています。                             ブログランキングバナー←クリックで応援お願いします。                                                                 

メールマガジン
無料メルマガ「夢テクの世界」
(毎週月曜発行 byまぐまぐ)

メルマガ登録


登録・解除はこちら>>http://www.mag2.com/m/0000149770.htm
プロフィール

kskyumeteku

講演・経営コンサルティング
「生き残り、勝ち残る」ための

■ 企業講演会  受付中!
   詳細はこちら⇒
  
■ 経営コンサルティング 受付中!
   詳細はこちら⇒

【お申込】
TEL:06-6202-2425
E-MAIL:ksk@yumeteku.com
月例経営セミナーのお知らせ
<< 夢テク研究会 >>

★夢を持つ人誰でも参加可能★

↓研究会の様子動画(抜粋)↓


次回テーマ・日時・場所詳細⇒

【場所】
ホテル日航大阪
(大阪・心斎橋)

【日時(原則)】
毎月 第三水曜日
18:30〜21:00
※12月は実施しません。

【参加費】
一般 ¥5,000
年会員¥3,000
※年会員様は3名以上で割引有 
※セミナー当日承ります。

【お申込】
TEL:06-6202-2425
E-MAIL:ksk@yumeteku.com
  
カテゴリ別アーカイブ
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
最新コメント
平岡和矩 新著好評発売中
Amazonにて『戦略経営の基本 創造的解釈力で道を切り拓く 〜 二極化時代に勝者となる道 〜』(税込1,404円)発売中です。

2015平岡先生新著写真


40有余年の経営コンサルティング歴で培った、様々な経営視点を盛り込んでいます。 他社・他店との差別化に力を入れている中堅・中小企業の方々、是非一度お読みください。
Facebook
Twitter
Follow kskyumeteku on Twitter
カウンター
KSKイチオシのお店
KSK年会員様協力により
オープン!

雑貨のネットショップ
ドリームペドラー(楽天)
dreampedlar






  • ライブドアブログ