夢テクの世界

経営に関するトピック性のある話題に注目し、「ほんまか?」「なんでや?」と問いかけながら、成功経営の核心に迫ります。 明確に定義されていないような経営トピックもどんどん取り上げます。

価値観

価値観 (5)努力を数字にする

ブログネタ
経営コンサルティング に参加中!
 ある会社で社員を配置換えしようということで呼んで社長が話しをすると怒り出して「自分は絶対に一生懸命やっている」と言うのです。そういう人が会社にはいっぱいいます。一生懸命でも的が外れていたらやってもらわない方が良いのです。焦点ボケがいちばん怖いです。

 ある本を読んでなるほどと思ったのは、一生懸命はダメだということです。なぜなら、自分の免罪符になってしまうからです。「一生懸命やっているからこれで良し」となってしまうのです。「結果はどうあれ、一生懸命やっているのだから何が悪いのだ」となってしまうのです。これは絶対にダメです。

 経済の原則は一生懸命やったからといってちゃんと食べさせてもらえるようにはなっていません。自分のやったことが数字になるかならないかは真剣勝負の世界です。数字になったら勝ち、ならなかったら負けなのです。これははっきりしています。これが経済現象です。

 「一生懸命やっている」を免罪符にしたらダメです。「一生懸命やってダメなのだからしょうがない」とほとんどの人は免罪符にしています。「しょうがない」と言って会社が回っているうちは良いのですが、数字があがらないと会社はつぶれるわけですから、それで良しというわけにはいきません。

 どうしたら自分の努力が数字になるかを目標にしないと稼ぐ能力が上がっていきません。ほとんどの人はそのことを勘違いしていると思います。努力を数字にすることが目標です。

 努力は必要ですが、数字にならない努力は稼ぐ能力になっていないから他所へ行っても通用しません。「ウチの会社は厳しい。こんなに一生懸命やっているのに認めてくれない。だから他所へ行こう」と他所へ行ってもそれは通用しません。今日思ったから明日稼ぐ能力が向上することはありませんがぜひ挑戦してください。

 経営者の人でも勘違いしている人がいっぱいいます。「これだけやっているのに会社が変わらない」と言っていますが、変わる、変わらないというのは、努力が数字になることが昨日よりも今日、今日よりも明日と向上しているかどうかです。それ以外に会社を変えるものはありません。

 勘違いしないで努力を数字にすることを目標にしてください。そうしたら自己変革のピントが合っていますから短期間でものすごく向上すると思います。

 仕事は数字が出たら面白いです。数字が出ないから面白くないのです。数字さえ出たら仕事は根本的に面白いものです。

 つまり、やっただけ結果が出るということは一種のゲームです。「仕事は辛いだけ、苦しいだけ」と言う人は、数字を出すということの喜びを知らない人です。仕事自身が辛い、苦しいということはありません。努力さえしていれば仕事そのものが報いてくれます。




毎週月曜まぐまぐから無料メールマガジン「夢テクの世界」を発行しています。興味ある方は、ぜひ登録ください。
登録・解除はこちら>>http://www.mag2.com/m/0000149770.htm



夢テク研究所は、皆さんの夢を募集しています。ビジネスに関する夢ならどんなことでも結構です。
夢をぜひ語り合い、実現していきましょう。
ぜひ、コメントをお寄せください。お待ちしています。


  人気blogランキングに参加しています。                             ブログランキングバナー←クリックで応援お願いします。                                                                 

価値観 (4)お客様が大切

ブログネタ
経営コンサルティング に参加中!
 会社は儲からないと再投資はできません。ダメになっていく会社は決まっています。お客様が足らないことから始まって、お客様が足りないからキャッシュフローが十分に入らず、入らないと仕入れをセーブせざるを得なくなります。そうするとお客様が欲しい商品は手に入りません。鮮度を感じていただく商品をタイムリーに仕入れできません。だからいつの間にか在庫がどんどん古くなって、在庫が古いから売れません。売れないから仕入れできません。こういう悪循環になっていくのです。

 もう一度言いますと、お客様が大切というのは、お客様が数字をつくってくれ、お客様によってキャッシュフローが可能になるからです。キャッシュフローが可能になることによってお客様にもっと新鮮な商品をお届けすることができます。だからまたお客様が来てくれるのです。こういうことで善循環になります。

 そういう当たり前のことですが、社員一人ひとりと「顧客満足とはいったい何なのか? なぜ必要なのか? なぜお客様が大切なのか?」という議論をすべきだと思います。

 価値観がないから自分の行動になりません。価値観が備われば自分の行動になります。気が付かないようなこともありますから基本的なことができたら全て何でもちゃんとお客様対応するかといえばそんなことはありません。だけども、ちゃんと理解していたら気づかない部分を言ってあげたらすぐ受け入れます。

 ところが、根本的なことが理解できていなくて、「お客様本位になっていない」と言っても「うるさい。何を文句言うんだ。こんなにやっているのに」と言われます。




毎週月曜まぐまぐから無料メールマガジン「夢テクの世界」を発行しています。興味ある方は、ぜひ登録ください。
登録・解除はこちら>>http://www.mag2.com/m/0000149770.htm



夢テク研究所は、皆さんの夢を募集しています。ビジネスに関する夢ならどんなことでも結構です。
夢をぜひ語り合い、実現していきましょう。
ぜひ、コメントをお寄せください。お待ちしています。


  人気blogランキングに参加しています。                             ブログランキングバナー←クリックで応援お願いします。                                                                 



価値観 (3)自主性、自発性

ブログネタ
経営コンサルティング に参加中!
 人間は価値に従った行動しかできません。これが価値だと思うことしか継続的な行動はとれないのです。
 
 部下を命令して動かすというやり方はダメです。命令すると早いです。しかし、命令だからやるという理由だけですから、「命令だからやりました」で終わるのです。
 人を動かすことにおいていちばん大切なことは、本人の自主的な行動です。自発的な行動や自主的な行動は、その人の価値観に根ざしていなければいけません。本当にやる理由がきちんとしていないと、自主性や自発性は期待できません。

 ただ単純に「お客様は大切だ」と言っているだけではダメです。なぜ大切かを議論したことがあるかどうかです。それが企業の存亡の中で収益性に結びついているというところまできちんとわからせることが大切です。

 「笑顔で、丁寧に」と言ったりマナー教室を開いたりしても絶対に続きません。皆さんの会社でもやったことがあると思いますが、続かなかったと思います。
 マナーは、お客様を大切に扱う手法で、お客様以外に会社が儲かる種はないから必要なのです。お客様という要素がなければ数字は成り立ちません。いくら数字が大切だと言っても、数字はお客様からいただくのです。そういう意味でお客様が大切なのです。

 もっと大切なのは自分たちがきちんと儲けることです。それがお客様のためなのです。その意味がものすごく曖昧なのです。だからCS運動をずっとやっても成功しないのです。「お客様満足」と言いますが、お客様に満足いただくことがいちばん儲かるからです。儲かるからやるのです。利益を乗せて買っていただく、いわゆる数字になるのは、満足感があるからです。




毎週月曜まぐまぐから無料メールマガジン「夢テクの世界」を発行しています。興味ある方は、ぜひ登録ください。
登録・解除はこちら>>http://www.mag2.com/m/0000149770.htm



夢テク研究所は、皆さんの夢を募集しています。ビジネスに関する夢ならどんなことでも結構です。
夢をぜひ語り合い、実現していきましょう。
ぜひ、コメントをお寄せください。お待ちしています。


  人気blogランキングに参加しています。                             ブログランキングバナー←クリックで応援お願いします。                                                                 

価値観 (2)特化戦略

ブログネタ
経営コンサルティング に参加中!
 差別化を考える時に、価値の優先順位を何にするか、何にこだわったモノづくりをするかがものすごく大切です。
 
 車も欧州車が根強い人気を保っているのは、安全に対する執念、執着が飛び抜けているからです。コストという単純な損得を超えたレベルで安全を追求しているのです。それが日本車と違うところです。
 
 日本車は売れる車をつくるという考え方が基本で、トヨタもこれまでもずっとそういう発想できましたから、安全性になると欧州車にかなわないということがあります。

 一方では、スポーツカーです。スポーツカーはいろんなものを切り捨てなければスピードが出ませんからスピードか安全かの選択になります。安全はどうでも良いとはなりませんが、スピードに価値観を最優先させれば安全はそれほど重要なファクターでなくなるのは仕方のないことです。

 モノをつくる場合、サービスを考える場合、何を優先するかが企業のコンセプトです。

 「旨い、早い、安い」と言った場合、旨いということだけに特化するやり方もあります。早いことだけに特化するやり方も、安いだけに特化するやり方もあります。「旨い、早い、安い」の3つが揃わなかったらダメだという考え方ではなく、「他はそこそこ、とにかく安さ」というものです。ファッション業界でも相変わらず安さ一本で勝負して成功している会社もあります。

 価値観の何を優先して勝負をかけるかという問題は最終的に哲学が問われます。「本当の価値は何なのか」と、執念、執着を持って損得を超えてやらなければいけないことは何なのかを極めていくことが大切です。

 それぞれの商品特性がありますから、商品特性に応じたやり方が大切ですが、少なくとも同業他社とはやり方によって絶対に差は付きます。旨さにこだわるのか、早さにこだわるのか、安さにこだわるのかということを徹底的に考えていかなければダメです。

 何か特定の価値観に絞って特化戦略を進めることは、絶対に差別化につながります。どれもこれも追いかけている限りは、いつまでたっても同質化です。



毎週月曜まぐまぐから無料メールマガジン「夢テクの世界」を発行しています。興味ある方は、ぜひ登録ください。
登録・解除はこちら>>http://www.mag2.com/m/0000149770.htm



夢テク研究所は、皆さんの夢を募集しています。ビジネスに関する夢ならどんなことでも結構です。
夢をぜひ語り合い、実現していきましょう。
ぜひ、コメントをお寄せください。お待ちしています。


  人気blogランキングに参加しています。                             ブログランキングバナー←クリックで応援お願いします。                                                                 

価値観 (1)価値の優先順位

ブログネタ
経営コンサルティング に参加中!
 知恵や工夫で意外なところに差別化の要素があるのです。いちばんの根本は各会社によって価値の優先順位が違います。価値の優先順位を変えるだけで差は付くと思います。

 絶対差別化の要因としてブランド戦略もあるし、デザインによる差別化もあるし、他が使わない素材や部品を使うこともあるし、他がやらない設備をすることもあるし、いろいろあるわけです。

 そんな中で日本は“ジャパン品質”で今、中国や韓国、台湾に対して絶対優位な立場にありますが、勝負しているのは単なるモノをつくる技術ではなくサービスです。少量多品種や特注のきちんとした対応、クレームに対してのスピード対応などの仕組みが中国や韓国、台湾はマネができないのです。

 ジャパン品質はサービス寄りです。このサービス寄りの仕組みをどう構築するかがものすごく大切です。

 頂点となるデルコンピュータのやり方を見ていただくと、モノづくりは何もしていないのです。お客様の注文を聞いて、注文通りの商品をいち早くお届けするバイオーダーという仕組みです。それをきちんと生産チームと調達チームをつくって流通は流通で航空会社や物流会社と提携して、言ってみれば企画設計と仕組みづくりが仕事です。

 アスクルもデルコンピュータがモデルになったと思います。モノづくりそのものではなく、お客様とモノをつなぐ仕組みということをサービス化というコンセプトで具体的につくり上げたのです。




毎週月曜まぐまぐから無料メールマガジン「夢テクの世界」を発行しています。興味ある方は、ぜひ登録ください。
登録・解除はこちら>>http://www.mag2.com/m/0000149770.htm



夢テク研究所は、皆さんの夢を募集しています。ビジネスに関する夢ならどんなことでも結構です。
夢をぜひ語り合い、実現していきましょう。
ぜひ、コメントをお寄せください。お待ちしています。


  人気blogランキングに参加しています。                             ブログランキングバナー←クリックで応援お願いします。                                                                 

メールマガジン
無料メルマガ「夢テクの世界」
(毎週月曜発行 byまぐまぐ)

メルマガ登録


登録・解除はこちら>>http://www.mag2.com/m/0000149770.htm
プロフィール

kskyumeteku

講演・経営コンサルティング
「生き残り、勝ち残る」ための

■ 企業講演会  受付中!
   詳細はこちら⇒
  
■ 経営コンサルティング 受付中!
   詳細はこちら⇒

【お申込】
TEL:06-6202-2425
E-MAIL:ksk@yumeteku.com
月例経営セミナーのお知らせ
<< 夢テク研究会 >>

★夢を持つ人誰でも参加可能★

↓研究会の様子動画(抜粋)↓


次回テーマ・日時・場所詳細⇒

【場所】
ホテル日航大阪
(大阪・心斎橋)

【日時(原則)】
毎月 第三水曜日
18:30〜21:00
※12月は実施しません。

【参加費】
一般 ¥5,000
年会員¥3,000
※年会員様は3名以上で割引有 
※セミナー当日承ります。

【お申込】
TEL:06-6202-2425
E-MAIL:ksk@yumeteku.com
  
カテゴリ別アーカイブ
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
最新コメント
平岡和矩 新著好評発売中
Amazonにて『戦略経営の基本 創造的解釈力で道を切り拓く 〜 二極化時代に勝者となる道 〜』(税込1,404円)発売中です。

2015平岡先生新著写真


40有余年の経営コンサルティング歴で培った、様々な経営視点を盛り込んでいます。 他社・他店との差別化に力を入れている中堅・中小企業の方々、是非一度お読みください。
Facebook
Twitter
Follow kskyumeteku on Twitter
カウンター
KSKイチオシのお店
KSK年会員様協力により
オープン!

雑貨のネットショップ
ドリームペドラー(楽天)
dreampedlar






  • ライブドアブログ