夢テクの世界

経営に関するトピック性のある話題に注目し、「ほんまか?」「なんでや?」と問いかけながら、成功経営の核心に迫ります。 明確に定義されていないような経営トピックもどんどん取り上げます。

モチベーション

モチベーション モチベーション需要

 今後いちばん消費が動くのはオリンピック需要です。消費が具体的に動くかどうかはオリンピック需要がものすごく大きなポイントになると思います。
 オリンピックに出向く人もいて、旅行することはひとつの生活行事になります。行事は必ず出費が伴います。海外に行くことは日本でじっと暮らしているのと比べたらお金がかかります。そういう旅行に絡んだ消費や需要に期待できると思います。
 
 数年前にサッカーのワールドカップがあり、その時にほとんどのコンビニエンスストアーは、テレビの放映があったらお客様は全部それにとられてものは売れないと踏んだのです。ところがセブンイレブンは、ハーフタイムにみんなビールを買いに来ると読みました。それでセブンイレブンが一人勝ちしたというのは有名な話しです。
 
 結局、モチベーションをどう読むかです。お客様側のモチベーションの読み方です。ワールドカップでテレビに釘付けになってお客様は来ないと読むのはモチベーションを見ていないと思います。休憩の時間に「一杯やるか!」という気になるのが普通だと思います。
 
 このモチベーションという考え方は、これからものすごく大切なことだと思います。イベントはモチベーションを背景にしていない限り、自己満足のためのお祭りになってしまう可能性が高いです。
 もう少し背景をきちんと読んで、ひとつの社会行事を背景にしてモチベーションを読んで、モチベーション需要に対して具体的な対応することが重要です。


 人気blogランキングに参加しています。                             ブログランキングバナー←クリックで応援お願いします。                                                                 

モチベーション ⊆要の性質

 どの会社も今、抱えている問題は、程度の差はありますが基本的に同じです。1つは、従来の事業の延長上では3年後、5年後の決算が増収増益にならないということです。これはほとんどの会社がそうだと思います。規模の大小や業種、業態に関係ありません。ほとんどの会社が従来の路線だけでは3年後、5年後に増収、増益決算はおぼつかない状況です。

 2つめは、そういうことをふまえて新しい収益源を発掘し、事業を立ち上げて3年後、5年後に備えたいのですが、思った以上に前に進まない状況です。実際は、その会社なりの閉塞感が漂っていると思います。
 このような現状をどうやって打破するかが今、ほとんどの会社が抱えている問題だと思います。問題の重さや大きさは個々の会社によって違うし、それについての感じ方になると危機感や認識は全然違うと思いますが、3年計画や5年計画など中期計画を立てて経営している会社だったらそのことが痛いほどよくわかる状況だと思います。

 2つの問題でいちばんの問題点は、既存事業が天井を打っている状態です。そして、市場規模がどんどん縮小している状態です。そういう中で、実際は同質競争で売り上げを伸ばそうとしたら結局は値段競争に巻き込まれ、思うように利益が上げられない状況です。
 
 いちばん考えなければいけないことは需要の性質が大きく変わってきているということです。どのように変わってきているか新聞報道的な言い方だと“量から質へ”となるのですが、質がどういう実態なのか把握できていないと思います。
 今の需要のトレンドは、選択的消費を軸にした買い方、消費の仕方にますますなってきていると思います。非日常性ということが大きな切り口で、日常的な消費については基本的に伸びが見込めません。コモディティー化といって日用品化になっている商品については価格競争が厳しく、売ろうとすればするほど粗利が下がるという状況です。

 人気blogランキングに参加しています。                             ブログランキングバナー←クリックで応援お願いします。                                                                 続きを読む

モチベーション \在意識の活用

“売りはハッピーエンド物語(ストーリー)”というテーマのベースになっているお話しを先に申し上げたいと思います。
 私の根本的な原点は、マーフィー(ジョセフ・マーフィー Joseph Murphy)の潜在意識の活用で、いちばん底辺にあるモチべーションです。
 最終結論は、「これからのビジネスはモチベーション事業が基本になりますよ」という話しです。
 カルロス・ゴーン氏(日産自動車CEO・最高執行責任者)は、日産自動車の再生を果たしました。
 最初に掲げた中期5カ年計画は前倒してすべて達成されました。そのいちばんの原動力はモチベーションだったと言っています。

人気blogランキングに参加しています。                             ブログランキングバナー←クリックで応援お願いします。                                                                 
メールマガジン
無料メルマガ「夢テクの世界」
(毎週月曜発行 byまぐまぐ)

メルマガ登録


登録・解除はこちら>>http://www.mag2.com/m/0000149770.htm
プロフィール

kskyumeteku

講演・経営コンサルティング
「生き残り、勝ち残る」ための

■ 企業講演会  受付中!
   詳細はこちら⇒
  
■ 経営コンサルティング 受付中!
   詳細はこちら⇒

【お申込】
TEL:06-6202-2425
E-MAIL:ksk@yumeteku.com
月例経営セミナーのお知らせ
<< 夢テク研究会 >>

★夢を持つ人誰でも参加可能★

↓研究会の様子動画(抜粋)↓


次回テーマ・日時・場所詳細⇒

【場所】
ホテル日航大阪
(大阪・心斎橋)

【日時(原則)】
毎月 第三水曜日
18:30〜21:00
※12月は実施しません。

【参加費】
一般 ¥5,000
年会員¥3,000
※年会員様は3名以上で割引有 
※セミナー当日承ります。

【お申込】
TEL:06-6202-2425
E-MAIL:ksk@yumeteku.com
  
カテゴリ別アーカイブ
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
最新コメント
平岡和矩 新著好評発売中
Amazonにて『戦略経営の基本 創造的解釈力で道を切り拓く 〜 二極化時代に勝者となる道 〜』(税込1,404円)発売中です。

2015平岡先生新著写真


40有余年の経営コンサルティング歴で培った、様々な経営視点を盛り込んでいます。 他社・他店との差別化に力を入れている中堅・中小企業の方々、是非一度お読みください。
Facebook
Twitter
Follow kskyumeteku on Twitter
カウンター
KSKイチオシのお店
KSK年会員様協力により
オープン!

雑貨のネットショップ
ドリームペドラー(楽天)
dreampedlar






  • ライブドアブログ