夢テクの世界

経営に関するトピック性のある話題に注目し、「ほんまか?」「なんでや?」と問いかけながら、成功経営の核心に迫ります。 明確に定義されていないような経営トピックもどんどん取り上げます。

主体的な取り組み

主体的取り組み ぬ瓦麓蠱頁塾

主体的な取り組みができる人になるためには、やはり夢が必要です。私たちがビジネスの世界で夢を上手く使おうと思ったら、自分の足元に関係のあることを夢に掲げない限りは絶対にダメです。自分の足元に夢を見いだす努力を日頃からしないとダメです。ラーメン屋なら、ラーメンについて新しい夢を描かなければ新しい商品開発はあり得ません。
 
 夢は特別に他にあるとどうしても考えているのです。夢は特別なものではなく、具体的に手段として使かわなければいけないものです。
 女子バレーチームの練習風景が放映されましたが、あれはすごい迫力です。全日本チームに選ばれた選手はエリートです。中学時代からエリートでチヤホヤされてきました。プライドが高くてどうしようもない選手が出てもおかしくありません。
 
 ところが、あの監督(柳本晶一監督)はすごいです。バンバンボールを投げてレシーブさせる練習をするのですが、どんどん近づいてきて絶対に取れないという位置からどんどんやるのです。それで、「なぜ拾わないんだ」とコテンパンにやるのです。

人気blogランキングに参加しています。                             ブログランキングバナー←クリックで応援お願いします。                                                                 続きを読む

主体的取り組み 2樟發鯲てる

 顕在意識でノーと出したことが、ずっとノーである保証はありません。業界で新しいやり方の会社が出ると「あんなやり方だったら前に自分も考えたことがある」と言う人が多いのですが、実際にはやれなかったのです。やった人が勝ちです。
 ある意味で、答えが出てしまったことは、ひじょうに簡単なことです。成功した理由はある意味で簡単なことです。ただこれまでやったことのない仕組みややり方なのです。ユニクロが成功したこともそうです。それまでと違う仕組みでビジネスモデルをつくったことが最大の理由です。
 “ヒット商品づくりのカギ”というのがありますが、コペルニクス的展開がいるのです。お客様のニーズがわからないという発想はもう古いです。あくまでもどんなものでも今より以上にできないものは何もないのです。どんなものでも、もちろん車でもビデオでも洋服でも食べ物でもこれまで以上ということで改善の余地のないものはありません。
 なぜなら、世の中の価値観が変わるからです。今までだったら価値でないことが価値になりますから、その価値を軸にして「こうしたら喜んでもらえる」という仮説は絶対に立てられるのです。


人気blogランキングに参加しています。                             ブログランキングバナー←クリックで応援お願いします。                                                                 続きを読む

主体的な取り組み 顕在意識と潜在意識

 自分の価値がきちんと評価されるような商売をしていこうと思わなければ絶対にダメです。下請けだからダメという考え方は、自分の価値をきちんと評価いただけるようなやり方にこだわっていません。我が社のやり方をきちんと価値として認めさせる努力をしていないからダメなのです。そういう方向では活路を拓くことができません。
 
 ところが「そうは言ってもウチの業界は違う。ウチの会社の場合はこうだ」と言うのは、顕在意識で判断しているからです。今まで知っている範囲内で答えを出しているからです。

 顕在意識は意識全体からすると3%から5%と言われています。その範囲内で「そんなことは不可能だ」となぜ考えるのですか? 

人気blogランキングに参加しています。                             ブログランキングバナー←クリックで応援お願いします。                                                                  続きを読む

主体的な取り組み ‘伴の世界 

 私のスタンスで「主体的な取り組みが成功を招く」ということについてはずっと一貫していると思います。売り筋を売れ筋にしようという取り組みもそのひとつです。
 また、ブランドという問題でも最初からブランド力のある会社はありません。ブランド力はつくっていかなければダメです。ブランドが欲しかったらブランド力を付ける、ブランドで勝負できる会社にするという思いを軸にして、その方向で努力を重ねるということが基本です。
 “パワーブランドの法則”それぞれの会社が自分の世界をつくり出す。つまり、独自の世界をつくり出すことがブランドという意味です。
 それは大企業だからできるというのではなく、中小企業であってもこういう独自の世界をつくる取り組みがパワーブランドを生み出すために必要な要件です。
 そしていちばんの軸はその会社の価値観です。価値理念です。ほとんどの人はブランドといえば宣伝広告をしなければダメだと思うのですが、そんなものよりも大切なのは、独自の世界を生み出す、一貫性のある価値観なのです。。
 
 人気blogランキングに参加しています。                             ブログランキングバナー←クリックで応援お願いします。                                                                  続きを読む
メールマガジン
無料メルマガ「夢テクの世界」
(毎週月曜発行 byまぐまぐ)

メルマガ登録


登録・解除はこちら>>http://www.mag2.com/m/0000149770.htm
プロフィール

kskyumeteku

講演・経営コンサルティング
「生き残り、勝ち残る」ための

■ 企業講演会  受付中!
   詳細はこちら⇒
  
■ 経営コンサルティング 受付中!
   詳細はこちら⇒

【お申込】
TEL:06-6202-2425
E-MAIL:ksk@yumeteku.com
月例経営セミナーのお知らせ
<< 夢テク研究会 >>

★夢を持つ人誰でも参加可能★

↓研究会の様子動画(抜粋)↓


次回テーマ・日時・場所詳細⇒

【場所】
ホテル日航大阪
(大阪・心斎橋)

【日時(原則)】
毎月 第三水曜日
18:30〜21:00
※12月は実施しません。

【参加費】
一般 ¥5,000
年会員¥3,000
※年会員様は3名以上で割引有 
※セミナー当日承ります。

【お申込】
TEL:06-6202-2425
E-MAIL:ksk@yumeteku.com
  
カテゴリ別アーカイブ
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
最新コメント
平岡和矩 新著好評発売中
Amazonにて『戦略経営の基本 創造的解釈力で道を切り拓く 〜 二極化時代に勝者となる道 〜』(税込1,404円)発売中です。

2015平岡先生新著写真


40有余年の経営コンサルティング歴で培った、様々な経営視点を盛り込んでいます。 他社・他店との差別化に力を入れている中堅・中小企業の方々、是非一度お読みください。
Facebook
Twitter
Follow kskyumeteku on Twitter
カウンター
KSKイチオシのお店
KSK年会員様協力により
オープン!

雑貨のネットショップ
ドリームペドラー(楽天)
dreampedlar






  • ライブドアブログ