ブログネタ
●実践的経営学 に参加中!
先日、アースマラソンを完走した間寛平さんは、”やる気”により内なるエネルギー解放させたロールモデルだと思います。

それは、彼の”できる限り”を尽くしたからです。

アースマラソンという発想自体が、一般人からすると気違い沙汰です。
2006年、直感で「よし、やろう」と思って、毎日50キロを走るトレーニングをしてきたそうです。なかなかできることではありませんが、寛平さんはしっかり約3年の準備を経て2009年暮にスタートしています。

途中、前立腺がんに襲われましたが、手術して1ケ月治療して再開しました。命の重みと比較し、体力面を考えると、そこで辞める選択もあったはずですが、どうしてもやり遂げたいという強い想いで2年越しで日本に戻ってきました。

走ることは誰でもできるわけですが、自分の持てる力の限りを尽くして走る人はそういないと思います。

私は、人間が生きる理念とすべきことは、歴史を一歩前に進めることだと常々思っています。彼はマラソン史に新しい1ページを開きました。

自分の持てる力の限りを尽くす事の偉大さを、身をもって伝えてくれました。


毎週月曜まぐまぐから無料メールマガジン「夢テクの世界」を発行しています。興味ある方は、ぜひ登録ください。
  メルマガ登録S登録・解除はこちら>>http://www.mag2.com/m/0000149770.htm


夢テク研究所は、皆さんの夢を募集しています。ビジネスに関する夢ならどんなことでも結構です。夢をぜひ語り合い、実現していきましょう。
ぜひ、コメントをお寄せください。お待ちしています。
E-MAIL: ksk@luice.or.jp


人気blogランキングに参加しています。                             ブログランキングバナー←クリックで応援お願いします。