ブログネタ
●実践的経営学 に参加中!
マネジメントというと、後追い型の問題設定になりがちで、「ああいうことができていない」「こういうことができていない」という企業の内部事情を改善することに終始しがちです。

企業が命運をかけてやらなければならないのは、顧客現場の問題・課題をどう解決するかに積極的に取り組んで、これまでなかった提案サービスをシステム化・事業化していくことが望ましいです。

洞察力、観察力は閉ざされたまま、内部事情だけを良くして行こうと言う考え方でマーケティングをしても、本当の意味でバリューイノベーション(時流独創)はできないということです。

現状の問題をきちんととらえて、新しいサービスとオペレーションをパッケージしたシステムは想定したバリューイノベーションをどのように構築するかが未来をひらく事業戦略上の大きな課題だと思います。

ポイントはオリジナルであることです。業態、システム、商品もそれぞれどれも、オリジナル、サービス、売り方もオリジナルが要求されています。システムとして顧客感動を追及する商売にできるかということがきちんとしないとすべてのことが一貫しないし、整合性がとれないものです。

自社なりのやり方を極める”ウェイ・ビジネス”の完成度を高めていく。
それを見つける方法は、凡事徹底です。
当社にとっての凡事徹底を考え、”当社なり”ということをどんどん掘り下げていくと共に、見える化していく努力が欠かせません。例えば、挨拶一つでも徹底して、当社なりのスタンダードを確立できれば、独自のものになります。

必ず周りの見方も変わってくるものです。企業の信用度も上がっていきます。凡事徹底の最大の副産物は規律の取れたいい会社という企業信用です。


毎週月曜まぐまぐから無料メールマガジン「夢テクの世界」を発行しています。興味ある方は、ぜひ登録ください。
  メルマガ登録S登録・解除はこちら>>http://www.mag2.com/m/0000149770.htm


夢テク研究所は、皆さんの夢を募集しています。ビジネスに関する夢ならどんなことでも結構です。夢をぜひ語り合い、実現していきましょう。
ぜひ、コメントをお寄せください。お待ちしています。
E-MAIL: ksk@luice.or.jp


人気blogランキングに参加しています。                             ブログランキングバナー←クリックで応援お願いします。