ブログネタ
●実践的経営学 に参加中!
どんどん姿を消している商店街の問題をみてみましょう。

商店街の『付加価値』とは、ご近所の必需需要を満たすことだったのに、車社会となり、車でいける所までが広範囲になったため”近隣”の概念が変わってしまいました。近隣購買という概念が変質してしまったことで『付加価値』がなくなってしまいました。

商店街は、車社会の中でその『付加価値』を埋没させてしまいました。

今一番、小売業界で業態的に元気なのは専門店です。
世の中全体が、高度化して、顧客ニーズが個別化して多彩化している中で、これら専門店の付加価値は、ある特化した領域において、”どこよりも”という品揃えの厚みがあることです。
特定のジャンルに特化することで生れる付加価値が時代に合っているのです。

例えば、ホームセンターは、最近、当初の日用雑貨品とかのディスカウンター色ではなく、工務店などの職人専門店へと変化してきています。
専門店に特化して付加価値を上げるようになっています

個々の店になると、難しい時代になっています。
何かに特化をすれば成功するのではなく、店の付加価値をいかに見出し、売り出すかなのです。

毎週月曜まぐまぐから無料メールマガジン「夢テクの世界」を発行しています。興味ある方は、ぜひ登録ください。
  メルマガ登録S登録・解除はこちら>>http://www.mag2.com/m/0000149770.htm


夢テク研究所は、皆さんの夢を募集しています。ビジネスに関する夢ならどんなことでも結構です。夢をぜひ語り合い、実現していきましょう。
ぜひ、コメントをお寄せください。お待ちしています。
E-MAIL: ksk@luice.or.jp


人気blogランキングに参加しています。                             ブログランキングバナー←クリックで応援お願いします。